アニメ

「荒野のコトブキ飛行隊」第10話を見て思った事

 

今回登場した爆撃機を見て、すぐに思ったのはエンジンが6発?

実際に飛行したのはエンジンが4発の深山や連山、

エンジンが6発の爆撃機というと、計画中の富嶽かなと思いました。

 

コトブキ飛行隊のサイトで確認したら、やっぱり富嶽でした。

富嶽とは計画だけで終わってしまった長距離爆撃機です。

(太平洋を横断しアメリカまで爆撃に行く事を想定していた)

しかし、少し疑問を感じました。

なぜ実際には存在しなかった爆撃機を登場させたのか?

 

そこで私が思ったのは、計画だけで終わってしまった夢のような6発の大型爆撃機を、アニメの世界だけでも実際に飛ばしてやろうと製作の人達が思ったのではないか

という事です。

粋な事をしますよね!

(当時の日本軍で実戦に使用されていた爆撃機は双発のもので、4発の深山や連山も試作機だけでしたから)

 

その富嶽を撃墜する場面ですが、主翼の付け根を狙っていました。

これは、零戦のエースパイロット坂井三郎さんが、アメリカの大型爆撃機B24を撃墜した方法と同じです。

当初、B24は大きすぎて弾が当ってもなかなか落ちなかったらしいです。

ところが、たまたま主翼の付け根を狙ったところ、燃料タンクに命中し、

炎上墜落したそうです。

その後、主翼のつけ根を狙い撃つ方法で10機以上のB24を撃墜したらしいです。

この、事例を製作側の人達も当然知っていたのでしょう。

とにかく、燃料タンクを狙うというのは現実味の有る描写ですね。

毎回、感心させられます!

 

文章:エムユー

 

関連記事

 

関連記事

  1. 「荒野のコトブキ飛行隊」第11話を見て抱いた違和感
  2. ガンダム史上貴重な6話構成のサイドストーリー『機動戦士ガンダム0…
  3. 宮崎駿が脚本を務めたスタジオジブリの力作『耳をすませば』をご紹介…
  4. 1960年代のテレビアニメのパイオニア『おばけのQ太郎』藤子不二…
  5. 同名漫画から生まれたとある剣士の物語『BLEACH』 死神を題材…
  6. 【少年少女】向けのアニメ 真島ヒロ先生の集大成『FAIRY TA…
  7. ジョン・ラセターが製作総指揮を務めたディズニーアニメ『ファインデ…
  8. 真島ヒロの出世作 和製ファンタジーアニメーションの最高峰『RAV…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事をチェック!

『パワプロクンポケット3』の彼女について

パワポケ3の彼女候補をあげます。アンヌアルベルト…

『アニフォ』第二十八作:ジャンケン【4コマ劇場】

雑種風情が…!!&nbs…

『アニフォ』第二十七作:桃太郎【4コマ劇場】

桃。皆はナイフで切る?包丁で切る?&nbsp…

新着アニメニュース

PAGE TOP