アニメアイズ

「荒野のコトブキ飛行隊」第11話を見て抱いた違和感

 

今回登場した、震電カッコ良かったし、強かったですね!

しかし、ドッグファイト(相手の後ろを取りに行く戦い)で隼相手に震電が有利に戦うシーンには、少し違和感を抱きました。

 

なぜなら、重い震電(重量約5000kg)が、軽い隼(重量約2500kg)のように小回りが出来るとは、物理的に考えても不可能だと思うからです。

 

実際にあった話では、太平洋戦争の当初、零戦より100キロ以上も最高速度が速い

P38ライトニング(重量約8000kg)は、零戦(重量約2400kg)相手にドッグファイトをして、簡単に撃墜されていたようです。

その為、零戦パイロット達はP38の事を、すぐ食える(撃墜できる)から「ぺろハチ」や「めざし」と呼んでいたそうです。

 

1300馬力のエンジンが二つも有って650キロの最高速度が出ても、ドッグファイトでは零戦に敵わなかったわけですね。

 

ただ、高性能な震電が隼より200キロも速い最高速度と重武装で一撃離脱(攻撃した後速度差を利用して逃げる)での空中戦を行えば、断然、震電が有利に戦う

はずです。

 

しかし一撃離脱では、撃っては逃げるだけのシーンになるので、面白くないですよね。

面白くする為には、震電が隼以上にドッグファイトで戦える事が必要だったわけですよね。

 

少し現実とは隔たりが有ると思い、違和感を抱きましたが、カッコイイ震電が隼相手にドッグファイトを行うシーンは、とても面白くてアニメとしては有りだと思いました。

 

とにかく、空中戦が面白かったです!

 

文章:エムユー

 

関連記事

関連記事

  1. 高橋留美子の大人気作品『うる星やつら』宇宙からの侵略者が恋人に!…
  2. 細田守監督の名作『おおかみこどもの雨と雪』をご紹介
  3. 死後の世界の学園生活!!『Angel Beats!』深夜アニメの…
  4. 宮崎駿監督作品 腐敗した世界を正常な地に戻そうとする少女の姿を描…
  5. 【少年少女】向けのアニメ 真島ヒロ先生の集大成『FAIRY TA…
  6. 最近気に入った漫画を紹介パート1【ゆこさえ戦えば】
  7. 深夜アニメ界で絶大な人気を誇る『はたらく細胞』1話完結型ストーリ…
  8. 同名漫画から生まれたとある剣士の物語『BLEACH』 死神を題材…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事をチェック!

男性諸君!『異種族レビュアーズ』を今すぐ見よう! このアニメは凄いゾ~!!

2020年 冬アニメとして大好評放送中の『異種族レビュアーズ』の話題が凄いですね!何かと噂されていま…

ごく普通の少年が超人世界のヒーローになる『僕のヒーローアカデミア』全く新しいストーリー(2016年)

堀越耕平氏が原作を描いたこの作品は漫画版が大ヒットし、2016年に待望のアニメ化がされたものです。T…

さやかとまどかの転機『魔法少女まどか☆マギカ 4話』マミの死を乗り越えられるか!?(2019年)

共有著名Magica Quartetが原作を担当している今作は、魔法の世界のデザインが話題を呼び、2…

新着アニメニュース

PAGE TOP