アニメアイズ

「荒野のコトブキ飛行隊」第11話を見て抱いた違和感

 

今回登場した、震電カッコ良かったし、強かったですね!

しかし、ドッグファイト(相手の後ろを取りに行く戦い)で隼相手に震電が有利に戦うシーンには、少し違和感を抱きました。

 

なぜなら、重い震電(重量約5000kg)が、軽い隼(重量約2500kg)のように小回りが出来るとは、物理的に考えても不可能だと思うからです。

 

実際にあった話では、太平洋戦争の当初、零戦より100キロ以上も最高速度が速い

P38ライトニング(重量約8000kg)は、零戦(重量約2400kg)相手にドッグファイトをして、簡単に撃墜されていたようです。

その為、零戦パイロット達はP38の事を、すぐ食える(撃墜できる)から「ぺろハチ」や「めざし」と呼んでいたそうです。

 

1300馬力のエンジンが二つも有って650キロの最高速度が出ても、ドッグファイトでは零戦に敵わなかったわけですね。

 

ただ、高性能な震電が隼より200キロも速い最高速度と重武装で一撃離脱(攻撃した後速度差を利用して逃げる)での空中戦を行えば、断然、震電が有利に戦う

はずです。

 

しかし一撃離脱では、撃っては逃げるだけのシーンになるので、面白くないですよね。

面白くする為には、震電が隼以上にドッグファイトで戦える事が必要だったわけですよね。

 

少し現実とは隔たりが有ると思い、違和感を抱きましたが、カッコイイ震電が隼相手にドッグファイトを行うシーンは、とても面白くてアニメとしては有りだと思いました。

 

とにかく、空中戦が面白かったです!

 

文章:エムユー

 

関連記事

関連記事

  1. ガンダムシリーズのドラマチックなOVA作品『機動戦士ガンダム サ…
  2. 人間界と魔法界を結ぶ少女の青春群像劇『魔法少女まどか☆マギカ 1…
  3. うーさーのその日暮らし 「うーさー」といううさぎの守備範囲の広い物語『うーさーのその日暮…
  4. 新海誠監督の貴重な短編アニメーション映画『言の葉の庭』を見て“純…
  5. 至極のSFアニメーション『アップルシード (APPLESEED)…
  6. 子供向けファンタジーアドベンチャーの王道『ドラゴンボールZ』悟空…
  7. 可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 【2019年夏アニメ】個人的に視聴をオススメしたいアニメ3作品を…
  8. くーねるまるた 最近気に入った漫画を紹介パート3【くーねるまるた】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事をチェック!

『アニフォ』第三十九作:窮地【4コマ劇場】

明日からロアちゃんは無一文です。かしこいみんなはガチャで人生を溶かすような真似はやめようね!…

魔法少女の契約以前のまどかを描く『魔法少女まどか☆マギカ 3話』衝撃のラストに要注目(2019年)

2019年の7月から放送が始まった『魔法少女まどか☆マギカ』の3話について紹介したいと思います。前回…

『アニフォ』第三十八作:ブーメラン【4コマ劇場】

古本屋こんな感じの人がいる割合が多いのはなぜなんだろう?作:ba…

新着アニメニュース

PAGE TOP