アニメ

「荒野のコトブキ飛行隊」第11話を見て抱いた違和感

 

今回登場した、震電カッコ良かったし、強かったですね!

しかし、ドッグファイト(相手の後ろを取りに行く戦い)で隼相手に震電が有利に戦うシーンには、少し違和感を抱きました。

 

なぜなら、重い震電(重量約5000kg)が、軽い隼(重量約2500kg)のように小回りが出来るとは、物理的に考えても不可能だと思うからです。

 

実際にあった話では、太平洋戦争の当初、零戦より100キロ以上も最高速度が速い

P38ライトニング(重量約8000kg)は、零戦(重量約2400kg)相手にドッグファイトをして、簡単に撃墜されていたようです。

その為、零戦パイロット達はP38の事を、すぐ食える(撃墜できる)から「ぺろハチ」や「めざし」と呼んでいたそうです。

 

1300馬力のエンジンが二つも有って650キロの最高速度が出ても、ドッグファイトでは零戦に敵わなかったわけですね。

 

ただ、高性能な震電が隼より200キロも速い最高速度と重武装で一撃離脱(攻撃した後速度差を利用して逃げる)での空中戦を行えば、断然、震電が有利に戦う

はずです。

 

しかし一撃離脱では、撃っては逃げるだけのシーンになるので、面白くないですよね。

面白くする為には、震電が隼以上にドッグファイトで戦える事が必要だったわけですよね。

 

少し現実とは隔たりが有ると思い、違和感を抱きましたが、カッコイイ震電が隼相手にドッグファイトを行うシーンは、とても面白くてアニメとしては有りだと思いました。

 

とにかく、空中戦が面白かったです!

 

文章:エムユー

 

関連記事

関連記事

  1. 死後の世界の学園生活!!『Angel Beats!』深夜アニメの…
  2. アニメの歴史に残るティム・バートン監督の不屈の名作『ナイトメアー…
  3. ナルトのその後を描くテレ東系列の代表作『BORUTO-ボルト- …
  4. 実写化もされた青春アニメのテレビシリーズ『NANA』ナナとハチの…
  5. 「荒野のコトブキ飛行隊」第9話を見てやっと気づいた事
  6. ミニオンズでお馴染みのイルミネーションエンターテインメントが贈る…
  7. 漫画のストーリーをより分かり易くリメイクしたTVアニメ作品『鋼の…
  8. 時をかける少女 世代を超えて愛される青春ラブストーリー『時をかける少女』は考えさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事をチェック!

『マリオメーカー』オリジナルコースを作成して楽しもう!

『マリオメーカー』では自分でコースを作ることができる。従来のマリオをコンセプトとしつつ、アイテム、敵…

実写化もされた青春アニメのテレビシリーズ『NANA』ナナとハチの友情を鮮烈に描く

1999年に原作者・矢沢あいの手で『リボン』の姉妹誌『Cookie』で2話が掲載されたのが始まりです…

父子家庭のほのぼのとした日常を描く『赤ちゃんと僕』テレビアニメ化され話題に

第40回(平成6年度)小学館漫画賞受賞作品である原作は羅川真里茂氏の手によって描かれました。少女漫画…

新着アニメニュース

PAGE TOP