アニメアイズ

ロボットアニメの新境地『天元突破グレンラガン』(2007)カミナとシモンもかっこいい!!

この作品は2007年の春からテレビ東京系列で放送されていた作品です。天元突破というタイトルですが天元には碁盤の目の中央という意味もあり、作品のテーマが「中央突破」などと解釈するのが適当でしょう。

この作品の魅力として主題歌(空色デイズ)を中川翔子さんが歌っていることは価値のあることだと思います。一見、子供向けの作品に見えますが、この作品は描画する際の「線」が多いのが特徴でその繊細さは大人が見てもアート作品として十分なクォリティーを確保しているといえるでしょう。

新しいメカニックデザイン

主人公はとある田舎の村の少年です。いつも地下で暮らしているシモンと村人ですが、ある日突然、村の天井が崩れ落ちます。そしてそこには今作のヒロイン・ヨーコと、ガンタンクになりきれなかったような明らかにメカニックデザインを疑うべき奇妙なロボットが落ちてきます。

この作品にはラガンと呼ばれる1頭身タイプの顔だけロボットやダイグレンと呼ばれる股間だけ大きな突起(巨剣)を生やしているロボットなどがあります。

ポニーテールヒロイン

ロボットアニメ好きのみをターゲットにした独特のユーモアセンスが特徴のこの作品は、このような、メカニック・デザインの裏切りを踏まえて見るにつけては、面白いアニメだと思います。そして、ロボットの不器用さに対するヨーコの器用さに魅せられる作品にもなっています。

ヨーコはアニメ好きなら知らない人はいない程にアニメーション界では有名なヒロインです。ロングの赤髪にセクシーな衣装で豪快なアクションシーンを決める。これ以上ない程にカッコいいヒロインです。某サイトのポニーテール・ヒロインランキングでも1位になっています。

まとめ

この作品実は登場キャラクターの名前が既にふざけているのです。主人公のシモンは「下」ヒロインのヨーコは「横」シモンの兄貴分カミナは「上」など、もうこれは原作者の訴えとして、この作品がアクションやファンタジーではなく、あからさまに「ギャグアニメ」だと宣言しているも同様なのです。

ギャグアニメながら鳥山明氏の『Dr.スランプ』のような宇宙を一つの世界観にまとめた作品ではなくて、無限に広がる宇宙へと飛び込むようなタイプの作品です。アニメの新境地を開いたこの作品はヨーコの活躍目当てで見始めても十分に満足できる物語になっています。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. ノベライズもされた注目作品『たまこまーけっと』(2013)京都ア…
  2. NHK教育テレビのロングラン・アニメーション作品『おじゃる丸』今…
  3. 『この素晴らしい世界に祝福を!』第1話 「この自称女神と異世界転…
  4. 男の子が読む少女漫画の代表作 手塚治虫作品・昭和の名作『リボンの…
  5. KAエスマ文庫初の大賞受賞作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』…
  6. ロマン・トマ書き下ろしの純粋なアニメ『バスカッシュ!』スポーツの…
  7. 圧倒的なキャラクターデザイン『NINKU -忍空-』忍空は世界を…
  8. 崖の上のポニョ 現代の人魚姫 ジブリ歴代屈指のファンタジーアニメーション『崖の上…

新着記事をチェック!

『グレイプニル』第1話「僕の中には」【感想】

2020年4月アニメなのでまだ、DVDが発売されていないのが残念ですが、この作品は筆者が「2020年…

【遊戯王】ラッシュデュエルに落とし穴が登場!

ラッシュデュエルのレジェンドカードとして、<落とし穴>が登場します。<落…

ヒーローと『アニメ版ベストカップルについて』ヒロイン

今回はアニメ版のベストカップルについて書いていきたいと思います。悲劇のヒロインや運命の相手、宿命、も…

新着アニメニュース

PAGE TOP