アニメアイズ

北斗の拳のサイドストーリー『蒼天の拳』(2006)北斗神拳の伝承

『北斗の拳』では武論尊氏が原作を描いていましたが今作では当時武論尊氏と共同で原作を書いていた原哲夫氏が原作を務めています。

主人公の霞拳志郎(かすみけんしろう)は『北斗の拳』のケンシロウの2代前の秘伝継承者であり、そのルックスたるやあまりにもパワーアップしています。また、紫がかった髪の毛が特徴です。

今作は膨大なニーズを抱え込み2018年に24話の新たな(REGENESIS)テレビシリーズとして復活しているのも記憶に新しいです。

世界大戦の最中、格闘家は何を思う

物語は世界的な規模で進みます。劉宗武(りゅうそうぶ)という人物がキーマンであり、かつての最凶の男・ラオウをも凌ぐほどの武術に長けた人物です。

革命家のように世界に舞台を広げ、ナチス・ドイツに身を捧げる様子も描かれますが、ケンシロウとの出会いにより改心することとなります。また、ケンシロウの方は、満洲国皇帝の愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)と接触し、その身を預けることになります。

実際の歴史とリンクする場面が多いので教養を身につけるにも適したアニメだと思います。

伝説は記憶に残る

この作品はとにかく登場するキャラクターが次々に変わるなという印象があります。格闘技の流派も多くそれぞれの要素としての技の名前も豊富で何度も見返してしまう、そんな作品です。

作中「秘孔」という技が頻繁に出てきます。自らの意思に関係なく質問に答えてしまったりする類のものです。人間がその身体一つで操ることのできる範囲を完全に超越しているのが凄いし、それが既成概念にうまくハマっているところがこの作品をリアルよりもリアリティーのある作品に育てた要因だと思います。

まとめ

軍閥や秘密結社など世界大戦の闇を辿るような展開も多く見られます。この種の作品はレアですが、『修羅の刻』などにも『修羅の門』に対する時代を遡った時点での歴史的偉人との交流を描くシーンがあり、個人的には高評価できる作品でした。

サイドストーリーにおける流派のルーツを遡る展開はハズレがないようにも思えます。原作者側は情報処理に多大な時間と労力をかけるのでしょうが、辻褄があったときの決まりの良さはアニメーションの醍醐味ともいえるでしょう。これからもこのような類の作品が生まれることを期待しています。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. 浪速ど根性将棋コメディー『りゅうおうのおしごと!』
  2. アニメの歴史に残るティム・バートン監督の不屈の名作『ナイトメアー…
  3. 怒涛のナイン・ストーリーズ『アニマトリックス』カルチャーとサブカ…
  4. 脱力系漫画「田中くんはいつもけだるげ」アニメ化
  5. 2019年 夏アニメ『Re:ステージ! ドリームデイズ♪』第1話…
  6. 2019年春アニメをご紹介!第8弾『異世界かるてっと』 2019年春アニメをご紹介!第8弾『異世界かるてっと』
  7. 第一期に再放送中『ノー・ガンズ・ライフ』リボルバー頭の英雄
  8. 物語は冬の町「未確認で進行形」アニメ化。

新着記事をチェック!

「ニセコイ」の続編アニメ再び、「ニセコイ:」。

このアニメは2015年の春に「ニセコイ」の続編として全12話がTV放送されました。前作「ニセ…

週刊少年ジャンプで連載された正統派ラブコメのアニメ「ニセコイ」。

このアニメは2014年の冬から春にかけて全20話がTV放送されました。原作は週刊少年ジャンプ…

良質アニメには変化が必要『突然変異型アニメキャラについて』客観視と心理的成長

アニメに躍動感を求めるときに多く用いられる手法がキャラクターの突然変異です。それは大概の場合、魔界か…

新着アニメニュース

PAGE TOP