アニメアイズ

ギャグ漫画家と娘との物語アニメ「かくしごと」

このアニメは2020年の春、全12話、放映されました。

原作は講談社の月刊少年マガジンに連載されている久米田康治の同名漫画です。

アニメーション製作は亜細亜堂が担当しました。

「隠しごと」は「描くしごと」

このアニメの主人公は自分の職業を隠して男手一人で娘の後藤姫(ごとうひめ)を育てている漫画家、後藤可久士(ごとうかくし)です。

このアニメの中では姫が小学4年生で可久士と生活をしているコメディタッチの10歳編と可久士がいないシリアスタッチで描かれている姫が18歳編とにわけられています。

姫が10歳のシーンでは可久士が下ネタ漫画家であることを姫に知られないように右往左往している姿が描かれています。

そこでは可久士は中目黒の平屋に住んでいて仕事に行く時、スーツを着て出て行き、途中でTシャツと半ズボン、ビーチサンダルというラフな姿に着替えて渋谷区の仕事場のマンションへと行きます。

そこで可久士は漫画を描いて4人のアシスタントと編集者などとの日常を繰り広げていく事になります。

そして姫の18歳になった時、鎌倉の家に行き可久士が姫にずっと隠していた事を知る事になります。

そこで姫が10歳から18歳になるまで可久士になにがあったのかが少しずつ語られるのでした。

この物語はギャグ漫画家の自伝!?

このアニメはもちろんフィクションですが原作は漫画家、久米田康治(くめだこうじ)の自伝的漫画の一面を持ち合わせていると思います。

なぜならこのアニメの原作者である彼は昔、自分の漫画の作者近影にフルチンで写り、このアニメの主人公の可久士も同じ事をしていたと語られている事からネタは漫画家本人ではないかと思いました。

後、彼の描いた下ネタ漫画といえば週刊少年サンデーの「行け! !南国アイスホッケー部」ではないでしょうか。

あの漫画は下ネタながらも記憶に残る漫画だったと思います。

このアニメでは「きんたましまし」「風のタイツ」というギャグ漫画を可久士が描いていると設定されていますがその原型は昔の自分の作品ではないかと自分は想像します。

そしてこの物語の登場人物の中で過去自分が描いてきた漫画のキャラクターたちが名前を変えて再登場する事や、漫画家仲間の人物が登場することから、まさに久米田ワールドと言える作品になっていると思いました。

 

文章:針尾

関連記事

  1. 京都アニメーションの代表作『聲の形』君に生きるのを手伝ってほしい…
  2. 少女が迷い込んだ世界は神々が集う湯屋だった『千と千尋の神隠し』台…
  3. 純愛の後は絆!?『アナと雪の女王2』(2019)待望の続編
  4. 新聞記者の究極の食探しの物語『美味しんぼ』家族ドラマも見どころの…
  5. 60年代のアニメーション界を代表する和風ダークファンタジー作品『…
  6. 富野由悠季監督が原作を手がけたガンダムのアナザーストーリー『機動…
  7. 「もう一度、この子を信じようと思ったんだ。だから、俺はその手を握…
  8. 美男美女が織りなす最期のラブストーリー『君の膵臓をたべたい』実写…

新着記事をチェック!

『グレイプニル』第1話「僕の中には」【感想】

2020年4月アニメなのでまだ、DVDが発売されていないのが残念ですが、この作品は筆者が「2020年…

【遊戯王】ラッシュデュエルに落とし穴が登場!

ラッシュデュエルのレジェンドカードとして、<落とし穴>が登場します。<落…

ヒーローと『アニメ版ベストカップルについて』ヒロイン

今回はアニメ版のベストカップルについて書いていきたいと思います。悲劇のヒロインや運命の相手、宿命、も…

新着アニメニュース

PAGE TOP