アニメアイズ

NHK教育で一躍人気を博した名作『電脳コイル』ウェアラブルが普及する未来(2007年)

この作品の特徴は、先に磯光雄氏のテレビアニメ用の原作があり、そこから派生して、宮村優子氏の小説が発表されたものです。2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞をはじめ数々の栄光を手にした話題作です。

イリーガルの確信に迫る!

舞台となる時代背景は202X年、「電脳」と呼ばれる技術が一般に普及している近未来です。誰もが「電脳メガネ」をかけて生活し、あらゆる情報をウェアラブルデバイス(電脳メガネ)で取得する世界での出来事です。主人公である(ヤサコ)は、金沢市から大黒市に引っ越してきました。電脳生物・イリーガルと遭遇したヤサコは、この一件をきっかけに電脳探偵局に入会することになります。ヤサコは電脳ペットのデンスケの誘拐事件などを解決するうちにイリーガルの核心へと迫ろうとしていました。

デジタル時代の仮想敵を占う物語

NHKの教育番組で放送された作品にしては時代設定の 202X年というのは少々安易な印象も受けますが、主な視聴者層である子供達にとっては、比喩的情報として「デジタル社会の進歩に伴うリスクとどう向き合うか」というテーマがあるのかもしれません。

未来の希望へのプロローグ

大学の理工学部でも卒業しない限り、私たち一般人にとっては、仕組みは解らないけど便利な道具というのがこれからも出てくると思います。そんな生活環境において、見失ってはいけない「技術」のリスクと「未知の能力」は必ず支えになってくれる、ということを子供達が感じてくれればこの作品は本懐を遂げることになるのだろうなと思いました。

また、これからますます競争力の激しくなるであろう「科学者」や「技師」のような必要な人材が大人になった時に「子供の頃に『電脳コイル』という番組を見て影響されました」と好循環が起きることを期待しています。シンプルだけど抜け目のないストーリーに注目です。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. 細田守監督の名作『おおかみこどもの雨と雪』をご紹介
  2. 『弱虫ペダル』に登場する呉の闘犬・待宮栄吉は、本当はかっこいい漢…
  3. 機動戦士Zガンダムの続編として描かれた人気作品『機動戦士ZZ(ダ…
  4. 構想40年『借りぐらしのアリエッティ』宮崎駿氏と高畑勲氏が惚れ込…
  5. 父親を探すために旅に出たハンターの物語『HUNTER×HUNTE…
  6. 「もう一度、この子を信じようと思ったんだ。だから、俺はその手を握…
  7. グランベルム 現代と古代『グランベルム2話』魔法少女と現代っ子の物語(2019…
  8. 『ゴールデンカムイ』第八話「殺人鬼の目」【感想】

新着記事をチェック!

【遊戯王】ライトニング・オーバードライブの+1パックの再録はオネスト

出典:©2021 Konami Digital Entertainmentラ…

直接対面時間1時間で結婚⁉「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON」。

このアニメは少年サンデーで連載されている畑健二郎の同名漫画を2020年秋、TV放映されています。…

2人の少年と少女が夢に向かって苦難の道を突き進む「ランウェイで笑って」。

このアニメは講談社の少年マガジンで掲載されている猪ノ谷言葉(いのやことば)の連載漫画を2020年の冬…

新着アニメニュース

PAGE TOP