アニメアイズ

NHK教育で一躍人気を博した名作『電脳コイル』ウェアラブルが普及する未来(2007年)

出典:(C)磯 光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

この作品の特徴は、先に磯光雄氏のテレビアニメ用の原作があり、そこから派生して、宮村優子氏の小説が発表されたものです。2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞をはじめ数々の栄光を手にした話題作です。

イリーガルの確信に迫る!

舞台となる時代背景は202X年、「電脳」と呼ばれる技術が一般に普及している近未来です。誰もが「電脳メガネ」をかけて生活し、あらゆる情報をウェアラブルデバイス(電脳メガネ)で取得する世界での出来事です。主人公である(ヤサコ)は、金沢市から大黒市に引っ越してきました。電脳生物・イリーガルと遭遇したヤサコは、この一件をきっかけに電脳探偵局に入会することになります。ヤサコは電脳ペットのデンスケの誘拐事件などを解決するうちにイリーガルの核心へと迫ろうとしていました。

デジタル時代の仮想敵を占う物語

NHKの教育番組で放送された作品にしては時代設定の 202X年というのは少々安易な印象も受けますが、主な視聴者層である子供達にとっては、比喩的情報として「デジタル社会の進歩に伴うリスクとどう向き合うか」というテーマがあるのかもしれません。

未来の希望へのプロローグ

大学の理工学部でも卒業しない限り、私たち一般人にとっては、仕組みは解らないけど便利な道具というのがこれからも出てくると思います。そんな生活環境において、見失ってはいけない「技術」のリスクと「未知の能力」は必ず支えになってくれる、ということを子供達が感じてくれればこの作品は本懐を遂げることになるのだろうなと思いました。

また、これからますます競争力の激しくなるであろう「科学者」や「技師」のような必要な人材が大人になった時に「子供の頃に『電脳コイル』という番組を見て影響されました」と好循環が起きることを期待しています。シンプルだけど抜け目のないストーリーに注目です。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. 『農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。』最強になる…
  2. 北斗の拳のサイドストーリー『蒼天の拳』(2006)北斗神拳の伝承…
  3. 神か?悪魔か?「ブラック・ジャック」
  4. 『八十亀ちゃんかんさつにっき』を観察して、名古屋のお勉強
  5. 美少女が悪と戦う『アッセンブル・インサート』
  6. 『鬼滅の刃』第十六話「自分ではない誰かを前へ」【感想】
  7. 呪いはお好きですか?『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』
  8. 『アキバ冥途戦争』の物事には裏がある?!

新着記事をチェック!

前上司から逃げた先でオフィスラブ♡『新しい上司はど天然』

出典:©いちかわ暖(秋田書店)/新しい上司はど天然製作委員会精神と胃をやられ、パワハラ上司から逃…

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

新着アニメニュース

PAGE TOP