アニメコラム

原作を持たないアニメが大流行『オリジナルアニメの魅力』原作とは異なる歩みを続けるアニメも特集!!

脚本から一気に書き上げるアニメの魅力

現代のアニメには大きく分けて4種類のアニメがあります。一つは漫画原作のアニメ、二つ目は小説が原作のアニメ、三つ目は脚本から作られたオリジナルアニメ、四つ目は原作がありながら、全く新しいストーリーを紡ぐアニメです。

今回は後半2つのアニメを紹介していきたいと思います。

脚本から作られたオリジナルアニメ

・HELLO WORLD

・きみと、波にのれたら

・天気の子

・君の名は。

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

 

2019年の奇跡的な共演

全体的に劇場版長編アニメーションが多い印象です。映画に成り劇場でとにかく人を集めるというのが流行で、その流行を初めて作ったのが新海誠監督の『君の名は。』だと思います。

この手の映画に対するリアクションが2019年に集中して成果となり、その年には大きな影響力を保って実力派アニメーション監督による作品群が次々と、時に同時に公開されました。間違い無くアニメ業界にとってターニングポイントとなる年だったでしょう。

原作がありながら、全く新しいストーリーを紡ぐアニメ

・エウレカセブン 

・鋼の錬金術師

・小林さんちのメイドラゴン

・ドラえもん

・ちびまる子ちゃん

 

作者が高齢な場合以外は『小林さんちのメイドラゴン』や『エウレカセブン 』などは、アニメーターの積極性の現れとも取れる大きな飛躍(変化)を見せています。鋼の錬金術師はもともと筆者が漫画の大ファンだっただけにアニメバージョンを見たときに少々残念な気持ちにもなりましたが回を重ねるたびに新境地が全く新しい感動を呼びました。

趣味がコレクターのような、そういった方向性にあるのであれば原作の生写しでは物足りないのかもしれません。オリジナルアニメは明らかにステップアップした作品なのだと思います。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』第3話【感想】
  2. TVアニメ『アオアシ』第5話を見た感想
  3. 理想的な魔女の姿を描く『魔女の宅急便』
  4. 宮崎駿が脚本を務めたスタジオジブリの力作『耳をすませば』をご紹介…
  5. TVアニメ『ルパン三世PART6』第九話【感想】
  6. TVアニメ『ポプテピピック』第2期 第3話を見た感想
  7. TVアニメ『ルパン三世PART6』第八話【感想】
  8. 天文部に入れば楽しい高校生活!?『宙のまにまに』

新着記事をチェック!

はぴ☆スタ 第6話「3話ぶりの登場」

作:N556…

TVアニメ『カッコウの許嫁』第17話を見た感想

出典:©吉河美希・講談社/カッコウの許嫁製作委員会あらすじエリカの別荘で勉強合宿を行う事…

『アラジン/ジャファーの逆襲』をご紹介

出典:© 1994 Disney Corp.1994年製作、製作国 アメリカ、監督タッド・ストー…

新着アニメニュース

PAGE TOP