イジらないで、長瀞さん

『イジらないで、長瀞さん』2巻【感想】

2018年6月に発刊された『イジらないで、長瀞さん』2巻の感想を書いていきたいと思います。

 

あらすじ

スライムが地面を跳ね、ドラゴンが空を舞う世界。センパイは『ネコトロ』と名乗るネコの恰好をした長瀞さんに出会います。

二人は協力してモンスターを倒し、絆を深めてゆきます。そして魔王の住む城までたどり着いたのですが、そこで『ネコトロ』が正体を現し、『大魔王マガトロ』であることを明かします。

「私のおもちゃとしてせいぜい私を楽しませて下さいねー」

そこで夢から覚めるセンパイなのでした。

 

感想

長瀞さんと彼女の友人、さらにセンパイがともに学食を食べる話があります。長瀞さんの友人もセンパイをディスりますが、途中で長瀞さんが悪く言いすぎだと友人と口論になります。

それ以外にも「カレシ?」と訊かれた長瀞さんは「そうでーす」と発言したり、普段イジっているだけですが、もしかしたらセンパイに気があるの? と思わせる演出がいいなと思いました。

 

また『ネコトロ』がわりと登場します。実際に長瀞さんがコスプレしているのではなく、センパイの妄想の中の産物ですが、読者としてこれほどうれしいものはない。

 

ではでは~。

 

文章:マフユノダリア

関連記事

  1. 『イジらないで、長瀞さん』8巻【感想】
  2. 『メイカさんは押しころせない』1巻【感想】
  3. 『イジらないで、長瀞さん』1巻【感想】
  4. 『このヒーラー、めんどくさい』2巻【感想】
  5. 『イジらないで、長瀞さん』9巻【感想】
  6. 『イジらないで、長瀞さん』3巻【感想】
  7. 『このヒーラー、めんどくさい』1巻【感想】
  8. 『イジらないで、長瀞さん』6巻【感想】

新着記事をチェック!

【遊戯王】ライトニング・オーバードライブの+1パックの再録はオネスト

出典:©2021 Konami Digital Entertainmentラ…

直接対面時間1時間で結婚⁉「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON」。

このアニメは少年サンデーで連載されている畑健二郎の同名漫画を2020年秋、TV放映されています。…

2人の少年と少女が夢に向かって苦難の道を突き進む「ランウェイで笑って」。

このアニメは講談社の少年マガジンで掲載されている猪ノ谷言葉(いのやことば)の連載漫画を2020年の冬…

新着アニメニュース

PAGE TOP