アニメアイズ

『キャプテン』のみどころ (谷口編)

キャプテンという野球漫画を読みましたか。ストーリーは青葉で二軍の補欠だった、谷口墨谷二中に転校してきたところから始まります。
谷口は墨谷二中のキャプテンに選ばれ、弱小だった墨谷を強豪校へとのしあげていくことになります。

谷口は、一年生はどんなに上手くとも起用しないという、墨谷二中の従来の伝統を覆しました。そのことが墨谷を快挙に導きます。墨谷二中は初めて、決勝までコマを進めました。
決勝の対戦相手は全国大会で連覇を成し遂げている青葉。ナインの士気はおおいに下がりましたが、影の努力に鼓舞されるかのように、チームメイトはやる気になりました。
青葉が二軍を起用したこともあり、墨谷は8回裏までリードしていました。青葉の監督が14人以上起用してはいけないというルールを破ったため、逆転負けを喫することとなりました。

青葉のルール違反は理事長の耳に入り、再戦が決まります。事実上の日本一をかけて、青葉とまみえることになりました。
再戦にあたり、イガラシが三~四回しか投げられないという弱音を吐きます。墨谷には他にピッチャーはいませんでした(元々のエースである松下が決勝戦で負傷で投げられない)。
再戦まで時間がないにもかかわらず、谷口は投球練習を開始します。ナインは失望する中、彼は最後まで諦めませんでした。わずか一〇日間で、投手として通用するだけの力を身に着けます

そして、青葉との再戦が始まります。全国大会の舞台に慣れていない墨谷はあがってしまい、三回までに9点のリードを奪われます。四回、五回はゼロで抑えるものの、先発のイガラシは限界が近づいてきていました。
9-0とリードされた墨谷は五回裏に反撃します。丸井(谷口の次のキャプテン)のホームランにより、3点を返します。スリーランホームランには、谷口の投球練習を目の当たりにしたことにより、青葉が動揺したという事情がありました。

3点を返した墨谷ですが、6回表にハプニングが襲います。谷口がファールフライを捕球しようとした際に、爪を割ってしまいます。そのことで、投球が不可能になりました。
イガラシはすでに限界を迎えていましたが、6、7、8回を0に抑えます。そのことが墨谷のナインを奮起させます。

8回裏墨谷は3点を返し、9-6と迫ります。ただ、疲労の限界を超えていたイガラシがベース間で倒れてしまったのが気がかりです。
青葉はワンアウトを取られたところで、監督が非情采配を取ります。とっくに限界を超えているイガラシをファールで潰すように命じました。
作戦は成功し、バッターは一塁に出塁しました。イガラシはもう投げることができず、爪を割った谷口が登板します。
青葉の監督は続けてファールでつぶすように指示をするも、味方の観客からも大ブーイングを浴びます。バッターは前に打球も飛ばすも、ダブルプレイに倒れました。

9-6で迎えた九回裏、墨谷は二死ながら一、二塁のチャンスを作ります。ここで2番バッターがサードゴロで試合終了と思われましたが、なんとサードがエラー。墨谷は命拾いをしました。
次のバッターはイガラシ。青葉の監督はイガラシの打力に恐れをなしたのか、満塁にもかかわらず敬遠の指示を出します。墨谷は労することなく2点差に迫りました。
4番の谷口に対しても、青葉の監督は敬遠の指示をします。青葉のエースである佐野はそのことに大いに動揺し、ホームスチールを許してしまいます。たちまち一点差となりました。

青葉の監督はここでバッテリーを呼びます。佐野の意志を確認し、勝負するようにいいました。佐野はそのことに意気を高めます。
魂のこもった勝負は、谷口が痛みに耐えながら、ヒットゾーンにボールを飛ばしました。三塁ランナーが帰り、同点となりました。
二塁ランナーはイガラシ。本来はストップなのですが、誰も投げられない事情を察知して、ホームに突入しました。バックホームされるも、ランナーの足が早くホームインとなりました。

10-9のサヨナラ勝ちで墨谷が初優勝を飾りました。

キャプテンは、現代では否定されがちな、根性論に重きを置いた構成となっています。どんなに下手であったとしても、努力次第でどうにかなるのを証明します。多くの人に勇気、感動を与える作品だと思います。
発売から三〇年以上経ちました。機会があれば本作を読んでみてはいかがでしょうか。
谷口編で終わりではなく、丸井、イガラシ、近藤編と続いていきます。それぞれのキャプテンの個性を生かしています。

 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 「荒野のコトブキ飛行隊」第12話で外された(外れた)予想
  2. 遊戯王の歴史
  3. ハリウッド発日系人兄弟の感動的なストーリー『ベイマックス』ベイマ…
  4. 邪神ちゃんドロップキック 最近気に入った漫画を紹介パート2【邪神ちゃんドロップキック】
  5. ――眩しさだけは、忘れなかった。『Summer Pockets』…
  6. 少年の姿になった工藤新一の葛藤を描く『名探偵コナン』永久不滅のミ…
  7. ファミリー層に愛される不屈の名作『アメリカ物語』をご紹介!
  8. 【ディズニーの人気作品】 長い髪がキュートな王女様『塔の上のラプ…

新着記事をチェック!

超能力と青春時代『きまぐれオレンジ☆ロード』1980年代の恋愛模様を感じ取れる伝説的な作品(1987年)

原作者は漫画家のまつもと泉氏です。週刊少年ジャンプに掲載されていた作品であり、家族全員超能力者という…

映画第2作『怪盗グルーのミニオン危機一発』ドラクエのスライム並みに謎の生物ミニオンズの大騒動(2013年)

ミニオンズはイルミネーションフィルムをリードする代表作です。3Dコンピュータアニメーション・コメディ…

京都アニメーションが誇る人気作『けいおん!』(2009年)

2011年年末に映画化されるなどアニメファンに幅広く愛されているこの作品は2007年のかきふらい氏が…

新着アニメニュース

PAGE TOP