アニメコラム

TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』第7話を見た感想

出典:©はまじあき/芳文社・アニプレックス

あらすじ

季節はすっかり夏に。ライブで着るTシャツのデザインを考える為に、ひとりの家に集まる事になった喜多と虹夏。

家に誰かを呼ぶ事が初めてのひとりは、無事に2人をもてなす事が出来るのか!?

盛大にスベった歓迎会

ライブのTシャツデザインを考える為に、ひとりの家に向かう喜多と虹夏。

自販機で飲み物を買って水分補給しながら向かう2人は汗を流していた。

「後藤さんの家ってどんな感じなんでしょうね?」

喜多の言葉に、虹夏は以前ひとりが口にしていた事を思い出す。

「前に段ボールが狭くて家の感じに似てるから落ち着く的な事は言ってたなぁ」

2人はどんな家か想像できない事を楽しみに、ひとりの家へと向かっていくのだった。

ひとりの家に着くと、家に“歓迎!結束バンド御一行様”と垂れ幕が飾られていた。

旅館じゃないのに垂れ幕がある事に疑問を抱きつつも、ピンポンを押してみることに。

中からひとりの声がして玄関の扉が開く。

そして、そこには色の変わるゲーミンググラサンを付けながらクラッカーで迎え入れるひとりの姿があった…。

イマジナリーフレンド

出典:©はまじあき/芳文社・アニプレックス

買い物から帰ってきた父と母が、ふたりに尋ねる。

「え?ほんとに遊びに来てる?」

「ほんとのほんとに?お姉ちゃんの妄想じゃなくて?」

親からもイマジナリーフレンドを疑われるひとり。

そして父と母は、ひとりの友達を見に部屋を訪れる。

「いや~感動だな~。ひとりのお友達が遊びに来る日が来るなんて!」

記念日にしようとピザや唐揚げを用意する父と母を前に、喜多と虹夏は喜んで食事を手にする。

しかし、親からも“友達がいない”と強く認識されている事にひとりは悲しみを覚えるのだった…。

全体的な感想

段ボールが狭くて家に似てるという言葉から楽しみと思えるのが凄いなと尊敬しました。

普通、そんな言葉を聞いたらあまり遊びに行きたいとは思えないですよね…。

ゲーミンググラサンはちょっと欲しいなと思いましたが、思いっきりスベってましたね!

それでも“面白い子”と思ってくれている虹夏と喜多が本当に良い子です。

そして、両親からも本当に友達がいないと思われていたひとり。寂しすぎて泣きそうになりました。

イマジナリーフレンドとかレンタルフレンドとか…あまりにも酷すぎるよ!

せめて、両親くらいは娘さんを信じてあげて…!

 

文章:クラッシャー佐藤

関連記事

  1. ドラゴン達と普通の人間達との日常を描いた『小林さんちのメイドラゴ…
  2. TVアニメ『ゆるキャン△』第8話【感想】
  3. TVアニメ『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』第11話(刀鍛冶編最終話)を…
  4. TVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女Season2』第19話…
  5. キティ達が童話の主人公に!『サンリオアニメフェスティバル』
  6. TVアニメ『ブルーロック』第13話を見た感想
  7. 『2019年 夏アニメ』ノイタミナ初のBL。青春バンドストーリー…
  8. TVアニメ『ルパン三世PART6』第十五話【感想】

新着記事をチェック!

日本国vs大日本帝国?!『逆転世界ノ電池少女戦争の足を引っ張るものとは?

出典:©伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会突如、空間にできた裂け目から「別の日本」が攻めて…

死ぬ死ぬ詐欺の借金法『啄木鳥探偵處』

出典:©2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会金田一京助の元に、毎日のように金の…

腹ペコを訴えるまなざし!『暴食のベルセルク』

出典:©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会大罪スキル「暴食」を満足させろ!…

新着アニメニュース

PAGE TOP