アニメアイズ

神か?悪魔か?「ブラック・ジャック」

出典:©手塚プロダクション・読売テレビ

「ブラック・ジャック」は、有名マンガ家の「手塚治虫(てづか おさむ)」が1973年に手掛けられたマンガ作品であり、長く読まれ愛される「手塚作品」として伝説的に残り、2003年にテレビアニメとして放送されました。

原作マンガを再現されたオムニバス形式のお話は、外科医である主人公と、命のありかたに視点をおいて深みを楽しむ作品になっています。

あらすじ

「ブラック・ジャック」と名乗る「間 黒男(はざま くろお)」、彼は医師免許を持っていない身でありながら、一人の医者として最高の才能とテクニックを持っていました。

多額のお金を求めますが、もしその金額を支払えない場合は、オペをすることはしないと言うのです。

その二つのことで有名になる彼ですが、それでもそのオペ技術を必要として彼のもとにおとずれる人は絶えません。

命の危機にさらされた人、中には患者がイヌやネコなど、人でないことすらあります。

彼は平等に命を救えるのでしょうか。

声で深みが際立つ

現実にあり得るかもしれないことと、作り話だからあり得ることの二つが作品としておもしろく、「そんな病気が本当にあるなら恐ろしい」とか、「作り話だとわかっていても、現実にありそうな語りをしている」と、当時の筆者は思っていました。

そんな語り口調に深みを持たせるのは声優の「大塚 明夫(おおつか あきお)」さんです。

たくさんの作品で活動されている大塚明夫さんは、2021年現在でも、昔でも変わらない演技力があり、一度聞くだけでも「ああ、大塚さんだ!」とわかる声でブラック・ジャックを演じられています。

まとめ

大塚明夫さんが主演をされていたことに驚く本作ですが、提供されている主題歌も、マンガ原作になぞったアニメーションとしての完成度、それらすべてがとても評価の高い作品になっています。

振り返って視聴すると、懐かしい気持ちと、大人になった今だからこそ聞き入ってしまうことや、他人事にしておけないお話が受け手によって変わるということも見所のひとつかもしれません。

はやり病や心の病気など、それすらも救ってくれるブラック・ジャックはすごい人であり、命を救うということに全力を尽くしつづける姿、人情にあふれていることが「本当に現実にいればいいのに」と思わせてくれますよね。

 

文章:新堀

関連記事

  1. ゲイのためなら女房も泣かす~♪『海辺のエトランゼ』忖度して選択を…
  2. 『鬼滅の刃』第二話「育手・鱗滝左近次」【感想】
  3. ロボットアニメの新境地『天元突破グレンラガン』(2007)カミナ…
  4. 『鬼滅の刃』第三話「錆兎と真菰」【感想】
  5. 『スライム倒して300年』第10話「吟遊詩人が来た」【感想】
  6. 『史上最強の大魔王、村人Aに転生する』とイジメが始まった!?
  7. 『ご注文はうさぎですか?BLOOM』第1羽【感想】
  8. 2021年 夏アニメ おすすめ3作品を紹介!

新着記事をチェック!

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

『アニフォ』第六十三作:ロアちゃんに叱られる!【4コマ劇場】

許してくれっ!作:babaroa…

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第9話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじインターハイ最終…

新着アニメニュース

PAGE TOP