アニメアイズ

友達を作るって大変なんだぞ!って『古見さんは、コミュ症です。』は教えてくれる

出典:©オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校

人付き合いを苦手とするコミュ症の古見硝子(こみ しょうこ)の高校での目標は、「友達を100人つくる」こと。

ところが、私立伊旦高校は、友達にするにはどうかな?という変人の集まりだった。

そんなクラスメイトたちによって、類稀な美貌の持ち主でもある古見さんは、たちまち「神」として奉られてしまう。

神となってしまった古見さんの友達といえる存在とは何だろうか?

ライバル

何かと競い合えるライバル関係の友達です。

身長、体重、勉学など、競い合いお互い高めあっていければ、学園生活もそれなりに楽しいものになることでしょう。

ある意味、理想的な友達だと思うのですが・・・。

神古見さんの心はこう言っています。

「一方的にライバル視されてもウザいだけです」

趣味を共有

趣味を共有できれば、話題にも事欠かないことでしょう。

たとえ相手が中二病で、一方的に友達扱いされたとしても、面倒くさくなくていいじゃないですか。

そういう出会いもありです。

ただ、神古見さんの心はこう言っています。

「特に趣味を持たないわたしには、ウザいだけです」

相手に合わせる

長名なじみ(おさな なじみ)は普段から女装したり、妙に高いテンションで接するなどして、相手の注意を引き付けたり、警戒心を解こうとしてきます。

そんななじみの調子に乗って見ると・・・。

なじみには、唯一友達になれなかったという恨みがあったようで、コミュ症を治すためと称して、気づけば使い走りさせられている古見さん。

これこそが、まさに友達という名に隠れた地雷です。

なじみは神古見さんの天敵と言えるかもしれません。

そんな人は、神古見さんにとって、

「ひたすらウザいだけです」

いつの間にか

出典:©オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校

もともと席が隣同士だったというだけなのに、ストーカーっぽい感じでいつもそばにいて、よく話しかけてきて、いつしかその場の雰囲気から、神古見さんの言いたいことを代弁している人。

そんな只野仁人(ただの ひとひと)は、いつの間にやら口を効いてもらえる唯一の存在となっている。

これが神古見さんの友達の理想像なのでは?

神古見さんの心曰く「みんなも只野くんを見習え!」といったところでしょう。

友達100人作るにしても、やはり選ぶもの。

神古見さんは「友達は、ただ作ればいいというものではない、友達が欲しければ時間をかけて努力せよ、お前らが」と教えてくださっているに違いありません。

あなたは、神古見さんの「定員100人の友達」になれそうですか?

 

文章:ヒトツメロバ

関連記事

  1. 『呪術廻戦』第1話「両面宿儺」【感想】
  2. 『スライム倒して300年』第4話「ドラゴンの結婚式に行った」【感…
  3. 『ぼっち・ざ・ろっく!』の本当にヤバイのは、あいつだ?!
  4. 無双騎士の弱点は天然だ!『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』
  5. 老人から幼女へ『賢者の弟子を名乗る賢者』変わったのは姿だけではな…
  6. 『パワプロ』4話「進め!夢の先へ!」
  7. ライトノベル発『この素晴らしい世界に祝福を!』(2016)最高の…
  8. 『スライム倒して300年』第9話「娘がスライムから戻れなくなった…

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP