アニメアイズ

可愛らしい勇者誕生!えんどろ~!をご紹介

 今回は、美少女勇者とその仲間たちのゆる~いファンタジーを描く『えんどろ~!』を紹介したいと思います。えんどろ~!とは、Studio五組制作による日本のテレビアニメ作品で2019年1月~3月までTOKYO MX等にて放送されました。

『ゆるゆり』の原作者である漫画家なもりがキャラクターを手掛けるオリジナルアニメであり、アニメだけでなくコミカライズやフィギュア化等、メディアミックスも行われています。

 

あらすじ

 剣と魔法の大陸ナラル島には、人々やモンスターが暮らしている。しかし、そこに恐ろしい魔王がいた。大昔に初代勇者によって魔王は倒されたが、魔王は何度でも蘇り、魔王を倒そうとする勇者もまた現れる。勇者の少女・ユーリア・シャルデットことユーシャは、聖者のセイラ、戦士のファイ、魔法使いのメイの3人と共に魔王と対峙。強力な魔王に追いつめられるが、ユーシャの判断で4人の力を合わせ、禁断の大魔法を発動。魔王を時限の彼方へ消し去り、ユーシャたち4人の冒険は終わる…。目を覚ましたユーシャは、冒険者学校でセイラ、ファイ、メイと同じクラスで学んでいた。

そこへ幼女のような教師・マオが赴任した。なんと禁断の大魔法は失敗して暴走しており、時間が巻き戻ってマオは、魔王の記憶を引き継いだまま幼い姿となって過去に転送されてしまったのだった。過去の世界なのでユーシャは勇者になっておらず、これをチャンスと捉えたマオは、ユーシャが勇者になるのを妨害するが…。

 

平和でゆるゆるな日常系ファンタジー

 アニメのキャッチコピーにある通り、ありそうでなかった日常系ファンタジーを地で行く作品で、バトルものというよりは、可愛い美少女たちがほのぼのとした日常を見るのが醍醐味となっております。しかし、ほのぼのとした話の中にしっかりとキャラクター一人一人のストーリーが作りこまれており、笑いや癒し、時に感動を与えてくれます。本来は、敵であるはずの魔王のマオも非常に可愛く描かれており、萌え要素をこれでもかというほど詰め込んだような幼女キャラなので敵ということを忘れてしまいます(笑)。

平和でゆる~いファンタジーという変わったジャンルの作品ですが、可愛い女の子が好きな方や日常系アニメが好きな方には楽しめるかと思います。漫画化もされているのでえんどろ~!の世界をもっと知りたい方には、そちらもオススメです!

 

文章:みんみ

関連記事

  1. 2019年 夏アニメ 『ギヴン』に登場する佐藤真冬の笑顔が尊い……
  2. 古典的でありながら新鮮な感動を与えてくれる名作『サイボーグ009…
  3. 藤子不二雄Ⓐの名作『笑ゥせぇるすまん』ダークな世界観に魅了される…
  4. ミスマッチな2人が一つの物語を紡ぐ『ルパン三世VS名探偵コナン …
  5. 宮崎駿が脚本を務めたスタジオジブリの力作『耳をすませば』をご紹介…
  6. 北斗の拳のサイドストーリー『蒼天の拳』(2006)北斗神拳の伝承…
  7. 時をかける少女 世代を超えて愛される青春ラブストーリー『時をかける少女』は考えさ…
  8. 現代にまで続く忍者の血『忍者ハットリくん』忍者の本懐とは(198…

新着記事をチェック!

【遊戯王】ライトニング・オーバードライブの+1パックの再録はオネスト

出典:©2021 Konami Digital Entertainmentラ…

直接対面時間1時間で結婚⁉「トニカクカワイイ FLY ME TO THE MOON」。

このアニメは少年サンデーで連載されている畑健二郎の同名漫画を2020年秋、TV放映されています。…

2人の少年と少女が夢に向かって苦難の道を突き進む「ランウェイで笑って」。

このアニメは講談社の少年マガジンで掲載されている猪ノ谷言葉(いのやことば)の連載漫画を2020年の冬…

新着アニメニュース

PAGE TOP