アニフォゲーム部

【遊戯王】2021年1月からのリミットレギュレーションが判明!!【禁止制限】

出典:©2021 Konami Digital Entertainment

2021年1月からのリミットレギュレーションが判明しました。

新禁止制限カードになったものを見ていきましょう。

前回のリミットレギュレーションでの制限は括弧内。

 

新禁止カード

トーチ・ゴーレム(制限)

 

新制限カード

ダイナレスラー・パンクラトプス(準制限)

ファイアウォール・ドラゴン(禁止)

天底の使徒(準制限)

レッド・リブート(準制限)

 

新準制限カード

ジャンク・スピーダー(制限)

ゼンマイマジシャン(制限)

氷結界の虎王ドゥローレン(制限)

呪われしエルドランド(無制限)

暴走魔法陣(無制限)

 

制限解除

ダーク・グレファー(準制限)

魔界発現世行きデスガイド(準制限)

化石調査(準制限)

 

 

出典:©2021 Konami Digital Entertainment

まず、エラッタが施された形で『ファイアウォール・ドラゴン』が制限に降りてきました。

エラッタされたテキストを見てみましょう。

 

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、

このカードの相互リンク先のモンスターの数まで、

自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。

そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードのリンク先のモンスターが、

戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。

手札からサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

 

このように名称ターン1がついたのと(2)の効果で特殊召喚できるモンスターがサイバース族限定になっています。

これで以前まで行われていたループができなくなりました。

効果は少し変わりましたが、サイバースデッキや遊作のファンデッキを組んでいた人にも朗報ではないでしょうか。

 

『トーチ・ゴーレム』が禁止になりましたね。海外ではすでに禁止カードに指定されていました。

出典:©2021 Konami Digital Entertainment

このカードと『アカシック・マジシャン』と『セキリティ・ドラゴン』で『トーチ・ゴーレム』を使いまわす動きがすごく印象的でした。

 

ひとりごと

『キャノン・ソルジャー』などの射出系カードはこのまま禁止にするのかが気になります。

またループコンボが出てきたら悪用されるのでエラッタされない限り、禁止に居座る感じありますよね。

 

文章:マフユノダリア

関連記事

  1. 【遊戯王】ラッシュデュエルで登場しそうなレジェンドカード(罠カー…
  2. 【遊戯王】<デッキ改造パック創造のマスターロード>の注目カード
  3. 【遊戯王】20thレアの一部カードが高騰中
  4. ラッシュデュエルのマキシマム超絶進化パックの注目カード!
  5. 【遊戯王】ラッシュデュエルのレジェンドカードの強さ(2022年1…
  6. 一度はやってみてほしいフリーゲーム⑤
  7. 【遊戯王】OCGでは強くても、ラッシュデュエルでは弱いカード
  8. 【遊戯王】+1ボーナスパックの今後

新着記事をチェック!

TVアニメ『アオアシ』第11話を見た感想

出典:©小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会あらすじ東京都リーグ開幕。初の公式戦とな…

TVアニメ『ゆるキャン△SEASON2』第11話【感想】

ゆるキャン△SEASON2の第11話を書いていきます。勝敗は!?なでしこ、千明、あかりの競争…

TVアニメ『ルパン三世PART6』第十四話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS・NTV今回も引き続き2クール目のシリーズ構成の村越繁氏がシナリ…

新着アニメニュース

PAGE TOP