アニフォゲーム部

『ロックマン』シリーズをご紹介 Part.4

今回で、『ロックマン』シリーズの紹介を一通り終える事になる。少しでも楽しんで頂ければ幸いだ。

 

10ではロックマン、ブルースに加えて、フォルテを使用できるようになった。
イージーモード、ノーマルモード、ヒーローモードの3種類が用意されていた。前作ではロックマンしか難易度が選べなかったが、今回は全キャラで設定できるようになった。

ブルースは前作と同じ設定。ただ、ダメージを受けた時ののけぞりは抑えられており、操作性はやや改善された。前作ではできなかったアイテム交換もできるようになったため、難易度も改善された。
フォルテは前だけでなく上などにもバスターを発射可能。ただ、威力は低いため、敵を倒すまでに時間を要した。被ダメージはロックマンと同じとなっていた。

イージーモードは初心者向けで、落とし穴に落ちにくい、棘にあたりにくい設定がなされていた。ステージの途中にライフと武器エネルギーを全回復できる弥七(1で登場したアイテム)が置かれているなど、救済措置も設けられていた。ロックマンをプレイしたことのない人に楽しんでもらうことを趣旨なのかもしれない。

ハードモードは仕掛けが厳しくなり、設置されているアイテムの一部が変更されていた。難易度としては9のヒーローモードとスーパーヒーローモードの中間とされており、ロックマンに精通したプレイヤーにとっても、やりごたえのある仕上がりとなっていた。

 

9、10の特徴としてロックマンかつノーマルモードで、クリアするまでのランキングが掲載された。
ステージ専用のタイムアタックも用意されており、上位プレイヤーのクリア時間に驚いた人はたくさんいたのではなかろうか。

 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 遊戯王 vol.3 紹介
  2. 【遊戯王】ラッシュデュエルにフュージョン召喚登場
  3. 【遊戯王】2020年4月からのリミットレギュレーションが判明!【…
  4. 【遊戯王】汎用性の高いレジェンドカード
  5. 【遊戯王】「デッキ改造パック躍動のエターナルライブ!!」のレジェ…
  6. 【遊戯王】ライトニング・オーバードライブの+1パックの再録はオネ…
  7. 【遊戯王】ラッシュデュエルのレジェンドカードの評価(2023年1…
  8. 【遊戯王】2022年4月1日のリミットレギュレーションが発表

新着記事をチェック!

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

『うぽって!!』の銃器娘からの身の守り方

出典:(c)2012 天王寺キツネ・角川書店/うぽって!!製作委員会「うぽって」逆から読むと「て…

新着アニメニュース

PAGE TOP