アニフォゲーム部

『ロックマン』シリーズをご紹介 Part.3

今回も引き続き、『ロックマン』シリーズについて記述したいと思う。

 

6はラッシュコイル、ラッシュジェットが一旦廃止された。ジェットを装備することで、普通のジャンプでは届かないところに移動していた。パワーロックマンシステムも取り入れられており、パワーでしか破壊できない障害物を壊すのも大きな特徴だった。

5に引き続きビートが登場。収集条件は異なっており、ボスを特殊な条件で倒すことでプレートを一つずつゲットできた。5では8つだったが、6では4つとなっている。
エネルギーバランサーが特定のステージに設置されている。武器エネルギーを自動で回復してくれるため、入手しておきたいアイテムだった。

 

1~6はのちにリメイク版が発売され、従来にはなかった難易度を選べるようになった。ハードはアイテムが一切配置されない、出現しないという設定になっており、クリアするのが難しかった。

 

9は8から一〇年以上置いて発売。スライディング及びチャージショット機能が使用できなくなった。ラッシュコイル、ラッシュジェットは再び使用できた。5にあったM缶も復活。
新しいシステムとして、ステージで集めたねじを使用して、ライト研究所でアイテムを交換できるようになった。棘に当たっても即死を回避できる、穴に落ちても助けてくれるアイテムが登場し、ロックマンに一石を投じることとなった。

9はステージの仕掛けが複雑になっており、クリアするためには配置を覚えなくてはならない。ボスよりもステージの難易度が高く、なかなか進めなかったプレイヤーも多いのではなかろうか。ワイリーコースでは一発即死の棘で涙を呑んだプレイヤーは少なくない。

ノーマルの他にブルースモード、ヒーローモード、スーパーヒーローモードがあった。ブルースモードはロックマンが使用できない、スライディング、チャージショットが使用可能となっていた。ただ、それよりも被ダメージがロックマンの2倍、敵に当たった時ののけぞりが大きいなどのデメリットが響いた。ロックマンと比べて、クリアするのは難しかった。アイテム交換ができなかったため、あるステージで缶を9個入手してから、ボスに挑んだプレイヤーもいるかもしれない。

ヒーローモードはノーマルと比べて、敵が多く、アイテムの配置も変更されるなど難易度が上がった。
スーパーヒーローモードは更に難易度が高かった。ヒーローモードとは攻略法も大きく変わり、ステージの仕掛けを覚えないと先に進めないこと箇所もあった。敵の配置も厳しめで、細心の注意を払って前に進んでいく必要がある。

ロックマンのライフを全回復させられるE缶が8ボスのステージでは入手できず、ライト、助っ人のエディで補充する必要があった。ワイリーステージにおいても一つにとどまっており、ステージにおいて入手することは難しかった。M缶はどのモードであっても、一つ用意されていた。

 

Part.4 へ続く

 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 『パワポケ』シリーズで攻略が難しい彼女候補
  2. 近年の遊戯王は登場してから禁止になるまでの期間が短い
  3. 一度はやってみてほしいフリーゲーム②
  4. 【遊戯王】ラッシュデュエルで青眼の白龍の別バージョンが登場!
  5. 【遊戯王】2021年1月からのリミットレギュレーションが判明!!…
  6. ラッシュデュエルのレジェンドカードのサポートカード
  7. 「アクトレイザー ルネサンス」をプレイした感想
  8. 【遊戯王】ラッシュデュエルのレジェンドカードに<地砕き>登場!

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP