アニメアイズ

不死身少女を殺せる方法を探し求める『処刑少女の生きる道』で気づいたこと

出典:©佐藤真登・SBクリエイティブ/処刑少女製作委員会

日本から召喚した人たちによって発展してきた異世界があった。

「迷い人」と呼ばれる日本からきた人々は、その世界では「純粋概念」という特殊能力が発揮され、役立たれる。

特殊能力の中には成長するにつれ、やがて災厄をもたらすものもあった。

そのような「迷い人」は殺処分の対象となり、その役割を担うのが処刑人メノウである。

そのメノウがどうしても殺せない「迷い人」トキトウ・アカリが現れた。

時間を操る能力が無自覚に発動し、殺害しても蘇生してしまうのだ。

アカリを殺す方法を求めて旅をする先々で、アカリを狙うさまざまな敵が待ち受ける。

テロに利用したい

異世界を実質統治している第一身分(ファウスト)は、宗教関係者で成り立っている。

第四身分(フォース)がアカリの能力を利用して、体制転覆を企む。

アカリを召喚したのがノブレスで、列車の中で襲撃してきたのが、それだと思われる。

せっかく召喚ガチャで当たりを引いたところを、メノウが連れ去ってしまったのだろう。

あ!アカリって名前は「当たり」から来ていたのか!?

若返りたい

出典:©佐藤真登・SBクリエイティブ/処刑少女製作委員会

アカリを殺す方法を見つけられないメノウは、大聖堂へとやってくる。

オーウェル大司教は、そのアカリの能力で若返りを企む。

普通に若返らせてあげれば、いいじゃないか?

「若返りたいのじゃが、頼めんか?できれば幼女の頃に・・・」

「いいですよ」

では済まないものなのか?

アカリ自身に自覚がない上に、窮地に陥らないと発動しないのがこの能力の厄介なところか?

映画みたいなパニックが見たい

海上に巨大な霧のカーテンの結界がある。

そこにアカリを放り込もうとやってきた港町リベールで、魔薬事件が起きていた。

メノウは、領主の娘マノン・リベールが犯人であることを突き止め、殺害する。

その時、マノンの体内から突如「パンデモニウム」と名乗る幼女の「迷い人」が出現した。

彼女の狙いは、趣味の映画鑑賞ができない異世界にあって、パニック映画を楽しむこと。

魔薬を服用した人を次々と怪物化して暴れさせる中、アカリの能力でさらなるパニックを企む。

パンデモニウムは「生贄を使った召喚によって生まれる」という能力の特性から、生贄の数だけ何度でも何体でも現れる。

そのためパンデモニウムの本体は怪物イカの姿で、巨大な霧のカーテンの結界に閉じ込められていた。

あ!パンデモニウムは、イカちゃんだったでゲソか?

イカちゃんによる侵略パニックじゃなイカ!

 

実はアカリは、メノウがアカリの処刑に失敗した上に、死んでしまった未来からやってきた。

おそらくアカリの能力の暴走によるものであろうメノウの死。

それを回避するため、アカリはメノウが生きられる未来を模索する。

それを知る由もないメノウは、アカリを「迷い人」として殺す方法を模索する。

それぞれの思惑を内に秘めながら・・・そんな二人の旅はどんどん面白くなりそうです。

 

文章:ヒトツメロバ

関連記事

  1. 破滅回避したいのに・・・『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』
  2. 社内恋愛を描く『先輩がうざい後輩の話』の月城モナの行動心理を分析…
  3. 女の子が憧れるニノという少女に注目!!『覆面系ノイズ』いつの日か…
  4. 【ポケモン 】『ミュウとムサシの意外な接点』
  5. 『ソードアートオンライン』第2話「ビーター」【感想】
  6. 今作は勇者が3人⁉「DOG DAYS’(ドッグデイ…
  7. 『異世界美少女受肉おじさんと』の謎を独自解説してみた!
  8. 同期くんは意外とクセ者だ『がんばれ同期ちゃん』

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP