アニメアイズ

『このはな綺譚』のイイハナシをちょっと捕捉してみた

出典:©天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

あの世とこの世の境に温泉旅館「此花亭」がある。

亡くなった人や動物、勤めを終えた付喪神らがここでひと時を過ごし、あの世へ旅立つのだ。

さまざまな客が訪れる此花亭で、狐の柚(ゆず)は仲居修行に励む。

イイハナシをチョットいじってみた。

柚がはりきって磨いた廊下で

お客様がすっ転んだ!

客室へお詫びに訪れる。

「何かお詫びを」としつこく食い下がる柚に、薬屋のお客様がしかたなく要求したのは「薬の調合に使うから、星を取ってきてくれ」

その夜、星空に向かって石を投げつける柚。

その時、流れ星が!

「お客様、星があの山の向こうへ落ちていきましたよ!」

「おお、そうか!では、拾ってこよう!」

とお客様は旅館を出るのだった。

お客様の背中を見送る柚は「ノリのいいお客様で助かった」と胸をなでおろす。

しかし、宿代の踏み倒しに成功したお客が一枚上手だった。

お菊が拾ったものが

此花亭で働く呪いの日本人形お菊は、街でボロボロになって捨てられていた人形と出くわす。

同じ人形としてほっとけないお菊は、その人形を保護し、捨てた人間を呪ってやりましょうと持ちかけるのだが・・・

「持ち主が成長して、大人になって、不要になったら捨てられる・・・それがわたしたち人形の寿命でしょ?」とその人形はいう。

さらに「体の傷はそれだけたくさん遊んでもらった証よ」

人形としての自分の器量の無さに気付いたお菊は、涙を流す。

さらに「よく見ると、傷ひとつ付いてないキレイな顔してますね」と涙を流すお菊に追い打ちをかける・・・

とんでもないものを拾ってしまったと後悔するお菊だった。

長く滞在する男と家出少年

どちらも死にぞこない、いわゆる「迷い人」である。

存命の人を長く泊めるわけにはいかない此花亭。

ふたりは此花亭の説得を聞き入れ、それぞれの体に魂は戻っていく。

こうして命を取り留めたものの、交通事故で半身不随になってしまった男。

その男の元に連れられてきた立派な盲導犬は実は、此花亭で出会ったあの家出少年だった。

「お前、犬だったのか?」

「何で僕、此花亭では人間だったんだ?」

 

どうでしたか?

ラストをちょっといじっただけで作品のイメージが変わりましたね。

これを面白いと感じるかどうかは、あなた次第!

 

文章:ヒトツメロバ

関連記事

  1. 『ソードアートオンライン』第1話「剣の世界」【感想】
  2. 吸血鬼の性癖?治療?『よふかしのうた』でコウの身に起きたこと
  3. 【知的飲料】ドクターペッパーを語りたい‼【アニメ】…
  4. 『江戸前エルフ』の小糸の凄さとは?
  5. 『DEAR BOYS』まさに青春スポーツアニメの金字塔(2003…
  6. NHK教育で一躍人気を博した名作『電脳コイル』ウェアラブルが普及…
  7. 涙なしでは見られない『ウマ娘 プリティーダービー Season …
  8. 良質アニメには変化が必要『突然変異型アニメキャラについて』客観視…

新着記事をチェック!

前上司から逃げた先でオフィスラブ♡『新しい上司はど天然』

出典:©いちかわ暖(秋田書店)/新しい上司はど天然製作委員会精神と胃をやられ、パワハラ上司から逃…

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

新着アニメニュース

PAGE TOP