アニメアイズ

属性喫茶スティーレが舞台のアニメ「ブレンド・S」

このアニメは2017年秋、1クール(全12話)TV放映されました。

原作は芳文社から刊行されている漫画雑誌「まんがタイムきららキャラット」で掲載されている中山幸(なかやまみゆき)の同名漫画です。

アニメーション制作はA-1 Picturesが担当しています。

私がドSキャラ!?

このアニメの主人公は女子高生の桜ノ宮苺香(さくらのみやまいか)です。

苺香は自分の手で海外留学の為の費用をためる為、いろいろなアルバイトの面接を受けますが全部落ちてしまいます。

そんな苺香のことをディーノは自分の喫茶店「スティーレ」に店員としてスカウトします。

スティーレでは店員にそれぞれの属性を付けたキャラを演じさせており、ディーノが苺香に求めたものはドSキャラでした。

スティーレには苺香の他に接客担当のツンデレ属性を演じる日向夏帆(ひなたかほ)や妹属性担当の星川麻冬(ほしかわまふゆ)の2人がいて、その他に客に出す飲食物は秋月紅葉(あきづきこうよう)とディーノの男性スタッフの2人が担当していました。

そして莓香の後にお姉さん属性の天野美雨(あまのみう)と男の娘でアイドル属性の神崎ひでり(かんざきひでり)の2人が店のスタッフとして参加します。

そんなスティーレを舞台にして苺香の初めてのアルバイトは始まります。

スティーレの裏側の顔。

このアニメに登場するスティーレのスタッフ達が仕事で演じるキャラと普段とのギャップが面白いです。

莓香は目がつり目の為、目付きが悪いと誤解されがちですが口調は丁寧で真面目な性格であり、ただ天然で言葉が少し足りないだけなのです。

夏帆は素直な性格でツンデレではなく、麻冬はその幼い容姿に反して成人しており、夏帆とのやり取りから、実は中身は妹成分ではなく姉成分で出来ているのではないかと感じてしまいます。

美雨は同人活動で成人向けの同人漫画を書いており、莓香とディーノをモデルにした作品を出したり、何かとスティーレの人間関係から妄想を膨らませたりしています。

ひでりはアイドルになることを夢見ながらも実は男らしい一面を垣間見せます。

秋月は女性に対して免疫がありません。

ディーノはチャンスがあれば莓香にアプローチをしますが、莓香が恋愛事に鈍いため、ことごとくその試みに失敗します。

そんな彼等の日常がこのアニメの見どころです。

 

文章:針尾

関連記事

  1. スポーツを題材にした青春アニメ『テニスの王子様』初登場からすでに…
  2. 脱落者たちの運命『グランベルム 6話』「魔石」(2019年)
  3. 『この素晴らしい世界に祝福を!』第8話 「この冬を越せない俺達に…
  4. ライトノベル発『この素晴らしい世界に祝福を!』(2016)最高の…
  5. ガンダム史に残る長編アニメーション映画『機動戦士ガンダムNT』不…
  6. 干物妹(ひもうと)が帰ってきた!「干物妹!うまるちゃんR」
  7. 『小林さんちのメイドラゴン』TVアニメ2期決定!
  8. 漫画のストーリーをより分かり易くリメイクしたTVアニメ作品『鋼の…
  1. えいがのおそ松さん

新着記事をチェック!

『グレイプニル』第1話「僕の中には」【感想】

2020年4月アニメなのでまだ、DVDが発売されていないのが残念ですが、この作品は筆者が「2020年…

【遊戯王】ラッシュデュエルに落とし穴が登場!

ラッシュデュエルのレジェンドカードとして、<落とし穴>が登場します。<落…

ヒーローと『アニメ版ベストカップルについて』ヒロイン

今回はアニメ版のベストカップルについて書いていきたいと思います。悲劇のヒロインや運命の相手、宿命、も…

新着アニメニュース

PAGE TOP