アニメアイズ

『スライム倒して300年』300年かけてようやく始まった戦闘とは?

出典:Ⓒ森田季節・SBクリエイティブ/高原の魔女の家

20代で過労死した相沢梓(あいざわ あずさ)は異世界転生して、不老不死の魔女アズサ・アイザワとなった。

最初に降り立ったフラタ村から離れることなく、その村はずれで畑仕事やスライム25匹を狩ることを日課にして過ごすこと300年!

能力を測定してみると、レベルMAXに達していた。

このことは瞬く間に広まり「高原の魔女」と呼ばれ、挑戦者、慕ってくる者、弟子入り志願者などが押しかけ、自宅はまるで女子限定シェアハウスの様相を呈し、家事も分担してスローライフに拍車がかかるのだった。

「はじまりの村」的なフラタ村に、ラスボス級の魔女に居座られては堪りません。

何とか攻略できないものでしょうか?

オバケでも無理

同居人のハルカラが経営する「ハルカラ製薬」の工場に幽霊が出没し、従業員が辞めていく中、社長でありながら毎日残業を強いられているハルカラが死んじゃいそう。

お祓いで除霊しそうなものですが、幽霊の意思を尊重した結果、ハルカラの憑依霊となり、同居をはじめてしまいました。

魔王幹部でも無理

出典:Ⓒ森田季節・SBクリエイティブ/高原の魔女の家

アズサが匿うハルカラを追いかけてきた3000歳の魔王幹部ベルゼブブ。

長く生きている分、経験値も多く獲得していて、上位にいそうなのですが・・・。

武闘会での直接対決でなんと、負けてしまいました。

3000年間サボっていたとしか思えないぞベルゼブブ。

毒キノコでも無理

ハルカラが間違って料理に入れてしまった「ノームニナルダケ」は、食べると小さくなってしまう毒キノコである。

世界樹の頂上にある薬局に、元に戻る薬が売っているという。

途中で体力が尽きて、行き倒れを期待するところですが、旅行気分で楽しんでしまいました。

こうやってみると、どの事案もハルカラ絡みではありませんか。

わざとアズサに罠を仕掛けているとしか思えません。

さしずめ「ハルカラの乱」「ハルカラの変」と言ったところでしょうか。

彼女こそが、アズサ攻略の鍵を握っている。

当のアズサはレベルMAXの弊害なのか、何とも感じてないようですが・・・。

どうにもこうにも女性限定シェアハウス・・・わたしも入りたい。

 

文章:ヒトツメロバ

関連記事

  1. 『シャドーハウス』のエドワードの「試験」を新解釈してみた
  2. 『呪術廻戦』第9話「幼魚と逆罰」【感想】
  3. ライトノベル発『狼と香辛料』(2008)注目のメディアミックス作…
  4. 勝て勝て勝て勝て!『ジャヒー様はくじけない!』勝たせたい!
  5. 『呪術廻戦』第1話「両面宿儺」【感想】
  6. 『チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜』がチ…
  7. レベルmaxになってからやれること『慎重勇者~この勇者が俺TUE…
  8. 『ソードアートオンライン』第2話「ビーター」【感想】

新着記事をチェック!

日本国vs大日本帝国?!『逆転世界ノ電池少女戦争の足を引っ張るものとは?

出典:©伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会突如、空間にできた裂け目から「別の日本」が攻めて…

死ぬ死ぬ詐欺の借金法『啄木鳥探偵處』

出典:©2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会金田一京助の元に、毎日のように金の…

腹ペコを訴えるまなざし!『暴食のベルセルク』

出典:©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会大罪スキル「暴食」を満足させろ!…

新着アニメニュース

PAGE TOP