アニメアイズ

『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』のココが凄い!!

2014年4月~2017年3月までの間、全148話をTV放送していた大人気、『遊☆戯☆王』シリーズの『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』

人々を笑顔にする「エンタメデュエル」が題材となっているこの作品。きっと皆さん笑顔で楽しんでいるはず…!!

しかし、ネットでは「炎上」の文字しか出て来ません…。

果たして『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』の何がいけなかったのか…。

今回は、『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』の凄いと思えるポイントを3点ほど挙げたいと思います。

『過去の人気キャラクターの扱いが酷い』

過去に『遊☆戯☆王』シリーズに登場したキャラクターが、『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』では何度も登場するのですが、とにかく扱いが酷いです。

過去作品のキャラクターを出す必要があったのか?と思えるような脚本と演出にも驚きますが、人気キャラクター達をズタズタに切り裂くような姿勢には怒りを覚えましたね。

『説明不足にも程がある』

とにかく本編で、心理描写が全く描かれていません!

明らかに、主人公に対して恨みを持つ相手や、敵対心を抱いている敵が登場するにも関わらず、心理対立を解消するような描写が一切描かれていませんでした。

「舞台裏でさえも一切交流が無いにも関わらず、再登場時には主人公の事を賛美して絆を主張する」など、意味の分からない事になっていました。

なるほど、これがエンターテインメントなのですね!?

『なぜ…乱入するのか…』

本来、デュエルをするのは2人なのですが、片方が負けそうになると仲間が乱入して行きます。

乱入には代償があります。その代償とは「ライフペナルティ」。初期ライフポイントから「-2000ポイント」引かれると言うもの…。

これ、本当に頭悪すぎませんかね!

乱入しないで戦ったら何度も勝ち目があったシーンがあったにも関わらず、何も考えずに乱入して行くキャラクター達。

乾いた笑いしか出て来ませんよね。「ライフペナルティ」と言う単語を聞くだけでもイライラしてしまいそうです。

笑顔なんて…なかったんや…!!

『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』が失敗に終わった理由は、他にも色々あると思います。

もっと上手く出来たのでは…?と、思えるシーンも沢山有ったので、非常に残念でした。

『遊☆戯☆王ARC-V(アーク・ファイブ)』に携わったスタッフの方々が、今後も誠心誠意、アニメを愛して作品を作り上げて下さる事に期待しています。

関連記事

  1. アナと雪の女王 ディズニーの人気作『アナと雪の女王』宿った魔法をうまく使えず葛藤…
  2. 男の子が読む少女漫画の代表作 手塚治虫作品・昭和の名作『リボンの…
  3. ガンダム史に残る長編アニメーション映画『機動戦士ガンダムNT』不…
  4. 美男美女が織りなす最期のラブストーリー『君の膵臓をたべたい』実写…
  5. 月からモビルスーツが舞い降りる!?『∀ガンダム』の総括
  6. 秋葉原を中心に話題になったアニメーション作品『最終兵器彼女』後に…
  7. 冨樫義博氏の出世作 霊的な能力が飛び交う不思議な世界の物語『幽☆…
  8. 邪神ちゃんドロップキック 最近気に入った漫画を紹介パート2【邪神ちゃんドロップキック】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事をチェック!

超能力と青春時代『きまぐれオレンジ☆ロード』1980年代の恋愛模様を感じ取れる伝説的な作品(1987年)

原作者は漫画家のまつもと泉氏です。週刊少年ジャンプに掲載されていた作品であり、家族全員超能力者という…

映画第2作『怪盗グルーのミニオン危機一発』ドラクエのスライム並みに謎の生物ミニオンズの大騒動(2013年)

ミニオンズはイルミネーションフィルムをリードする代表作です。3Dコンピュータアニメーション・コメディ…

京都アニメーションが誇る人気作『けいおん!』(2009年)

2011年年末に映画化されるなどアニメファンに幅広く愛されているこの作品は2007年のかきふらい氏が…

新着アニメニュース

PAGE TOP