アニメアイズ

全く新しいストーリー『ハクション大魔王2020』あくびちゃんの魅力満載!!

出典:© タツノコプロ・読売テレビ

大人世代が知っているアニメ『ハクション大魔王』が放送されていたのが1969年から1970年です。半世紀も経って『ニーゼロニーゼロ』と言う尻尾のついた作品がようやく復活しました。

主役級の活躍を果たすのがあくびちゃんです。時に大人の姿で現れますが、姿だけ大人になっても不自由なこともあるのだと悟るシーンが印象的です。

あくびちゃんの修行の日々

1969年版の主人公が小学生のカンちゃんこと、与田山かんいち君。2020年版の主人公が小学5年生のカンちゃんこと、与田山カン太郎君(かんいちの孫)です。ある日かんちゃんの元に小包が届き、中を開けてみると奇妙なツボが入っていました。そして、かんちゃんがあくびをするとツボの中から可愛い女の子が出てきます。

前作を見た方にはお馴染みのあくびちゃんです。あくびちゃんはハクション大魔王の言いつけで人間界に修行に来ていたのです。しかし、オナラで飛び出すプゥータと言うあくびちゃんの弟の騒動も相まって日々騒がしい生活を送ることになるのでした。

懐かしさと新しさの両立

50年の時を経てガラリと変わったような、でも既視感もあり、懐かしさもある物語です。構造的には変わりなくかんちゃんが困っている時もなんでもない時も、あるいは出てこなくていいときもあくび一つで登場するのがあくびちゃんの法則なので、1話ごとに違った色を見せてくれるのがありがたいです。

ハクション大魔王が登場する回では50年と言う時を超えて、すっかり文明がひらけてしまった為、自分の役割が科学に奪われてしまったような心情も描かれています。いわゆるジェネレーションギャップというものでしょう。そんなこんなで執筆時点(2020年6月)でも大好評放送中のこのアニメ。まだまだ良い色気を見せてくれそうな予感がします。

まとめ

見ようによっては全く新しい発想のアニメに見えます。人懐っこさで言えばあくびちゃんは圧倒的なものがあるし、かんちゃんの無邪気さやあくびちゃんに対する優しさは視聴者の子供達にも良い刺激を与えるでしょう。

優しさで言えばハクション大魔王も負けていません。なんというかあくびちゃんはかんちゃんに対しても大魔王に対しても甘え上手なところがあると思います。そこに弟のプゥータが登場するとファミリー感が沸点に達します。これからも長い目でお付き合いしたい作品の一つです。

 

文章:S.Shinichiro

関連記事

  1. 救世主は、この人で大丈夫か?『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生…
  2. 国家最重要機密・・・それは『月とライカと吸血姫』人類初の宇宙飛行…
  3. 【アニメ化で話題】宇崎ちゃんは遊びたい! 一巻を読んでみた【感想…
  4. 『スライム倒して300年』第12話「喫茶店を開いた」(最終回)【…
  5. ゲームの世界に転生したら・・・『リアデイルの大地にて』そのゲーム…
  6. 大人への一歩『高校生に観てほしいアニメ10選』あるべき青春の姿と…
  7. 『鬼滅の刃』第九話「手毬鬼と矢印鬼」【感想】
  8. 愛徒勇気は熱意のある(女性下着に)マンガ家さんなんです!『マンア…

新着記事をチェック!

TVアニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』第5話を見た感想

出典:©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクトあらすじ一夜明け、ついにW…

犯罪貴族の饗宴『憂国のモリアーティ 第1クール』から推理できること

出典:©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会産業革命の大英帝国において、名も…

TVアニメ『異世界おじさん』第4話を見た感想

出典:©殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会あらすじたかふみに中…

新着アニメニュース

PAGE TOP