アニメアイズ

第一期に再放送中『ノー・ガンズ・ライフ』リボルバー頭の英雄

2019年の12月に第一期が放送された『ノー・ガンズ・ライフ』が2020年7月に第二期を放送することが決まりました。

何故これ程までに人気が高いのでしょう。主人公の乾 十三(いぬい じゅうぞう)が、全く新しい発想でデザインされたキャラクターであることは間違いありません。頭が銃なのです。多分言葉では伝わりづらい状況です。

本当の敵は何なのか?

作中、最も諸悪を背負っている組織がべリューレン社というカンパニーです。戦時下の身体機能拡張手術などを請け負っており、主人公の十三もこの組織によりエクステンド(拡張機能体)となったのかどうかは定かではありませんが、十三の失われた記憶にヒントがあるのかもしれません。

この物語のキーマンになるのがオリビエ・ファンデベルメという復興庁の役人です。毎度毎度、十三が起こした事件の火消しをしてくれるお姉さまで、十三にとっても欠かせない仲間の一人です。

アレンジされ続ける日本アニメの魅力が結集

乾 十三がエクステンドになったのは兵器として利用されるためです。多少趣向は違うかもしれませんが、物語の傾向としては『攻殻機動隊』に似ているかなと思います。少なくてもある程度影響は受けているのでしょう。

『攻殻機動隊』のモトコはキャリアウーマン的な勇ましさがありましたが、十三は渋くてニヒルな大人の男です。日本ならではの未来感を踏襲しつつ全く新しい「かっこよさ」を提案したのがこの作品の特徴でしょう。

まとめ

十三はかつて兵器だった自分の記憶を失っています。そして、そんな過去の自分を恐れています。今では正義を貫き、弱者を味方し、筋を通す人格者ですが何故か子供が苦手であり性欲もありません。

勿論メンテナンスを専門に行う仲間もいるのですが、基本的には銃頭のメンテナンスはタバコのやにで済ましてしまう男っぽい性格の持ち主です。

 

文章:S.Shinichiro

関連記事

  1. 少し変わった異世界転生ファンタジー「本好きの下剋上〜司書になるた…
  2. ロボットアニメの最高傑作。日本の戦争アニメといえば『機動戦士ガン…
  3. サバイバルアニメの新境地『GANTZ』(2004)嵐の二宮さん主…
  4. 『revisions リヴィジョンズ』の主人公…どうにかならない…
  5. 感動のロードムービー『キノの旅』世界中の国を旅するキノの物語(2…
  6. ファンタジーアドベンチャー『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っ…
  7. 最強の先生『暗殺教室』(2015)本当の意味での卒業とは?
  8. ――眩しさだけは、忘れなかった。『Summer Pockets』…

新着記事をチェック!

「ニセコイ」の続編アニメ再び、「ニセコイ:」。

このアニメは2015年の春に「ニセコイ」の続編として全12話がTV放送されました。前作「ニセ…

週刊少年ジャンプで連載された正統派ラブコメのアニメ「ニセコイ」。

このアニメは2014年の冬から春にかけて全20話がTV放送されました。原作は週刊少年ジャンプ…

良質アニメには変化が必要『突然変異型アニメキャラについて』客観視と心理的成長

アニメに躍動感を求めるときに多く用いられる手法がキャラクターの突然変異です。それは大概の場合、魔界か…

新着アニメニュース

PAGE TOP