アニメアイズ

今作は勇者が3人⁉「DOG DAYS’(ドッグデイズダッシュ)」アニメ化。

出典:©PROJECT DD

このアニメは2012年の夏に1クール(全13話)放映されました。

そして物語は前作「DOG DAYS」の続きです。

原作者も前作と同じ都築真紀(つつぎまさき)が就きました。

またアニメーション製作も前作と同じでセブン・アークスが担当しています。

お帰り。勇者様。

このアニメの主人公は前作の「DOG DAYS」で無事に地球へ戻る事が出来た少年のシンク・イズミです。

そして夏休みに幼馴染みのレベッカ・アンダーソンと、シンクの従姉の高槻七海(たかつきななみ)と共に、再び異世界フロニャルドを訪れます。

そこではシンクの為に、お帰り特別企画の「戦」が始められているところでした。

シンクは前回と同じビスコッティ共和国の勇者として「戦」に参加し、七海はその隣国のガレット獅子団領国のレオンミッシェリに請われて、ガレットの勇者として参加します。

そしてレベッカはビスコッティとガレットの「戦」に途中から乱入してきたパスティヤージュ公国の公女クーベル・E・パスティヤージュに懇願され、パスティヤージュの勇者として「戦」に参加するのです。

こうしてシンク、レベッカ、七海の仲良し3人組はそれぞれ別の国の勇者となります。

そして彼らは自分たちを勇者として必要としてくれた国のために「戦」で活躍していくのです。

声優に興味ある人には贅沢な作品

今作のアニメから登場する高槻七海と前回から登場していたリコッタ・エルマールは同じ声優の水樹奈々が担当しています。

アニメ業界の中ではメイン役を担当している声優が他の小さな役でも声をあてることは良くある事ですが、原作者の都築真紀の作品では登場人物が多いため、声優が2役を担当するということになったのだと思います。

しかし七海もリコッタもどっちもメインといっていい役どころで、しかも2人が話す場面が今作ではあるため、違和感なく演じきれている事に驚きを禁じえませんでした。

さすが人気も実力も兼ね備えた声優たちが多数登場しているこのアニメならではといったところでしょうか。

他にも水樹奈々は前作と今作のオープニング曲を格好良く歌い上げています。

あとミルヒオーレ役の堀江由衣も作中歌手として登場して、エンディング曲も担当しています。

このアニメは本当に声優好きに対しても贅沢な作品ですね。

そこもこのアニメの見所の一つです。

 

文章:針尾

関連記事

  1. 『シャドーハウス』のエドワードの「試験」を新解釈してみた
  2. 『グレイプニル』第6話「収集者」【感想】
  3. スピリチュアルな描写が特徴『スポーツアニメの代表作』舞台背景が決…
  4. 『ご注文はうさぎですか?BLOOM』第2羽【感想】
  5. 『呪術廻戦』第5話「呪胎戴天-弐-」【感想】
  6. 無個性から最強個性へ!TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第1期…
  7. 現代の技術がなくなった世界のアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」。
  8. どーでもいーと思わせるタイトル『かぐや様は告らせたい』だけどいつ…

新着記事をチェック!

はぴ☆スタ 第6話「3話ぶりの登場」

作:N556…

TVアニメ『カッコウの許嫁』第17話を見た感想

出典:©吉河美希・講談社/カッコウの許嫁製作委員会あらすじエリカの別荘で勉強合宿を行う事…

『アラジン/ジャファーの逆襲』をご紹介

出典:© 1994 Disney Corp.1994年製作、製作国 アメリカ、監督タッド・ストー…

新着アニメニュース

PAGE TOP