アニメコラム

安彦良和氏らしさの出ている名作 MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN『機動戦士ガンダムUC』をご紹介

出典:©創通・サンライズ

放送されたのが2016年と遅い時期ですが時系列でいうと、『機動戦士ZZガンダム』の後で、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』『機動戦士ガンダムF91』の前となります。敢えてこの時期にオリジナルストーリーを送り込んだ真意を少しでも感じられたら、と思います。

『機動戦士ガンダムUC』あらすじ

舞台は、第二次ネオ・ジオン抗争の終結から3年後の、宇宙世紀0096年。物語の中核を担うのは「ビスト財団」という組織です。初代ガンダムの頃から軍需施設アナハイム・エレクトロニクス社の後ろ盾となって暗躍していた組織であり、地球を壊滅させる程の武器を製造して連邦政府やアナハイム・エレクトロニクス社にゆすりをかけていました。

「ビスト財団」の当主カーディアス・ビストの息子であり、その事実も含めて記憶を失っているバナージ・リンクスが今作の主役です。

『箱の犠牲になる人間は、俺一人で十分だ』

やはり今作も物語の序盤で主人公の少年バナージ・リンクスが親を戦果で無くし、ユニコーンガンダムという名のモビルスーツを託されるという物語です。何故、安彦良和氏は戦争で家族を亡くした少年少女を戦場に駆り出させようとするのでしょう。

安彦良和氏は戦時中に父親が軍需産業で働いていたこともあって、戦場という場所に感化されやすいタイプの人間なのかもしれません。そして前3作で消化しきれなかった想いというのを時を経て取り戻したのかもしれません。モビルスーツというある種の芸術的象徴を戦争の道具にすることでワンクッション置いているのも事実です。

 

混沌とした戦場での大量破壊兵器による軍の暴走をいかにして止めるか、という点ではガンダムシリーズの王道の展開になっているといえるでしょう。取り戻せない何かを失うことで「人生の儚さ」を解いているのだと思います。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. TVアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』 第1…
  2. 超能力と青春時代『きまぐれオレンジ☆ロード』1980年代の恋愛模…
  3. TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』第4話【感想】
  4. TBSの深夜アニメの中でもサスペンス要素の強い『デュラララ!!』…
  5. TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』第10話【感想】
  6. テニスブームを牽引『エースをねらえ!』蝶のように美しく、蝶のよう…
  7. 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』第8話まで視聴した感想
  8. TVアニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』第1…

新着記事をチェック!

『アニフォ』第六十作:年末懐古【4コマ劇場】

年末総集編的なね……。作:babaroa…

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』第8話まで視聴した感想

出典:© 創通・サンライズ・MBSガンダム×学園『機動戦士ガンダム 水星の魔女』は202…

TVアニメ『ブルーロック』第6話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじチームYとの試合を…

新着アニメニュース

PAGE TOP