アニフォゲーム部

遊戯王の禁止カードシリーズ(2002年まで)

遊戯王では多くの禁止カードを輩出しています。今回は2002年(第2期)までに発売されたカードで、現在禁止カードに指定されているものをあげます。

 

強欲な壺

デメリットなしに手札を1枚増やせるカードです。遊戯王は手札によって展開していくため、枚数を単純に増やせるのは強いといえるでしょう。

 

 心変わり

相手フィールドに存在するモンスターのコントロールをターン終了時まで奪えるカードです。リンク召喚の普及もあって、使い勝手は格段に向上しました。

 

 遺言状

フィールドからモンスターが墓地に送られたターンに、デッキから攻撃力1500以下のモンスターを特殊召喚できます。

攻撃力に制限はあるものの、幅広いモンスターを気軽に呼べる性能は脅威といえるでしょう。

 

 天使の施し

デッキから3枚引いたあと、墓地に2枚捨てるカードです。最初は墓地で有効活用できるカードは少なかったものの、近年では墓地に存在することで活躍するカードも増えました。

凶悪さは強欲な壺以上といえるでしょう。

 

 キャノンソルジャー

 トゥーン・キャノン・ソルジャー

 アマゾネスの射手

全てリンク召喚登場時に禁止指定されたカートです。射出によるダメージは大きくないものの、1ターンで繰り返し使える性能を評価されて禁止カードになりました。

 

 血の代償

特定の条件下で500ポイントライフを払うことで、モンスターを通常召喚できます。(回数制限なし)

大量展開のカードとして使用されたため、禁止カードとしての指定を受けることになりました。

 

 大嵐

フィールド上のトラップ、魔法をすべて破壊できるカードです。

ハーピィーの羽箒の下位互換として見られていましたけど、近年では自分のトラップ、魔法を破壊することによって展開するカードも増えたため、有用性で上回るといわれています。

 

 ハリケーン

フィールドのトラップ、魔法をすべて手札に戻すカードです。

最初はあまり使い道はなかったものの、近年ではこのカードを使用することによるメリットも増えました。

 

 悪戯好きな双子悪魔

1000ポイント払うことで、相手の手札を2枚削れるカードです。

ライフコストは必要になるものの、相手の手札を削れるメリットが圧倒的に上回っています。

 

 強引な番兵

ノーコストで相手の手札を見て、そのうちの一枚をデッキに戻せるカードです。

アドバンテージを失うことなく、相手の手札で最も強いカードをデッキに戻すという強力な効果を備えています。

 

 押収

1000ポイントのライフを払うことで、相手の手札を見てその中から一枚を墓地に捨てさせます。

墓地で有用なカードも少なくないために、強引な番兵よりは劣ります。それでも、情報アドバンテージを得られるため、デュエルを有利に進めることができます。

 

 強奪

相手フィールド上の表側表示のモンスターのコントロールを得る装備魔法です。相手ライフを1000ポイント回復させるデメリットは付与されているものの、それ以上の効果を見込めます。

装備魔法ゆえに破壊されるリスクはあるものの、強力なカードであることに変わりはありません。

 

 サイバーポッド

モンスターフィールド+手札補充という驚異の性能を持つカードです。

リバースする手間はあるものの、全てのモンスターを破壊する能力は凄まじいです。

 

 時の封印

次の相手のドローをスキップするカードです。

闇の仮面のコンボによるドロー阻害コンボ抑制のため、禁止指定されています。

 

 早すぎた埋葬

当時は死者蘇生の下位互換であったものの、使いまわすコンボが発見されたために禁止となりました。

 

 王宮の弾圧

800ポイント払うことでモンスターの特殊召喚を無効にするカードです。

相手も使えるために使いどころが難しいカードではあるものの、一方的な展開を防止する意味合いで禁止カードに指定されました。

 

 大寒波

条件こそあるものの、お互いの魔法、トラップを1ターン使えなくするカードです。発売当時は注目されていなかったものの、次第に有用なカードだと認知されます。

先行1ターン目に発動することで、相手の行動を制限できる性能を評価されて禁止カードとなりました。

 

 ラストバトル

特殊な条件下で発動できるカードです。

遊戯王の従来のルールを覆す効果を持つため、禁止カードに制定されました。

 

 ダスト・シュート

相手の手札が4枚以上あるときに、手札を見てモンスターを一枚デッキに戻せるカードです。

強引な番兵などが禁止カードになったあとに注目され、世界大会で活躍したことから禁止指定を受けることとなりました。

 

 生還の宝札

墓地からモンスターが特殊召喚されたときに、カードを1枚ドローできます。

当時は注目されていなかったものの、アンデットワールドが発売されたあたりから、有用性を認識されるようになりました。

現在も使用可能だとしたら、リンク召喚などによって1ターンに10枚以上のカードをドローできるでしょう。禁止カードの中において、最強クラスの性能を有しています。

 

 ファイバーポッド

リバースすることによって、フィールド、手札、墓地を全部デッキに戻したあと、5枚ドローするカードです。

リセット性能を評価され、禁止指定されています。

 

 悪夢の蜃気楼

相手のスタンバイフェイズに4枚になるようにドローし、自分のスタンバイフェイズにドローした枚数分捨てるカードです。

サイクロンなどで相手ターンに破壊させてしまえば、カードを捨てるデメリットはなくなります。

多くのデッキで活躍したことから、禁止カードとなりました。

 

 八咫烏

相手に戦闘ダメージを与えると、次のターンのドローをスキップする強力な効果でした。

八咫ロックというデッキも開発され、相手に何もさせないまま勝利する方法を確立しました。

凶悪なカードは許されるはずもなく、禁止カードとなりました。(2020年4月現在、禁止カード制定時から禁止カードにとどまっている唯一のカードです)

 

 苦渋の選択

デッキから選択した5枚のカードから相手が選び1枚手札に加えることのできるカード。

選択されなかったカードは墓地に送られるのため処刑人ーマキュラやキラースネークを墓地に送ったりもできます。

岩石族やワイトを墓地に送ることでそれぞれメガロック・ドラゴン、ワイトキングの攻撃力アップのサポートができました。

 

*漏れがあるかもしれないので、その場合は指摘ください。

 

文章:アニメクン

 

関連記事

  1. 【遊戯王】+1ボーナスパックの今後
  2. 遊戯王 vol.2 紹介
  3. 一度はやってみてほしいフリーゲーム④
  4. 実況パワフルプロ野球2020が7月9日に発売
  5. 【遊戯王】ラッシュデュエル注目のカードを紹介!!
  6. 『イナズマイレブン オールスター選抜ファン投票』本日、2月8日よ…
  7. 【遊戯王】2020年7月からのリミットレギュレーションが判明!【…
  8. 一度はやってみてほしいフリーゲーム②

新着記事をチェック!

『グレイプニル』第1話「僕の中には」【感想】

2020年4月アニメなのでまだ、DVDが発売されていないのが残念ですが、この作品は筆者が「2020年…

【遊戯王】ラッシュデュエルに落とし穴が登場!

ラッシュデュエルのレジェンドカードとして、<落とし穴>が登場します。<落…

ヒーローと『アニメ版ベストカップルについて』ヒロイン

今回はアニメ版のベストカップルについて書いていきたいと思います。悲劇のヒロインや運命の相手、宿命、も…

新着アニメニュース

PAGE TOP