アニメコラム

全米も泣いたジブリの名作。高畑勲監督作品『おもひでぽろぽろ』をご紹介

出典:© 1991 岡本 螢・刀根夕子・Studio Ghibli・NH

原作は岡本螢・刀根夕子の漫画です。メジャーではなくサブカルチャー的立ち位置で出版されたこの作品がジブリに持ち込まれた時、宮崎駿氏は「アニメ化するには難解な原作で、高畑勲しか監督できない」とジブリに話したそうです。

 

 

あらすじ

 

舞台は1982年の夏・山形のことです。27歳になる岡島タエ子は、仕事を休み姉・ナナ子の夫の親類の家に居候させてもらいました。これが2回目の山形訪問になるタエ子は列車の中で、1度目の旅で興味を持った田園での暮らしを思い起こしていました。

滞在先では、その家の息子トシオとの交流で心動かされる毎日を過ごしました。お婆ちゃんからも「トシオと一緒になって永住してみないか」と言われます。

東京行きの帰りの列車で再び2度目の滞在を思い起こすタエ子は名残惜しい気持ちでいっぱいでした。

 

感想

 

見所はやはり、タエ子が田畑のある田舎暮らしに興味はあるが、現実は馴染むのが難しいと葛藤する姿でしょう。東京という日本の首都でOLとしての確たる仕事を持っているタエ子にとって、田舎暮らしは客観的な美しい暮らしでしかなく、現実的ではありません。

しかし、そういった想いを振り切ろうとするのは山形の人たちのおおらかで暖かい対応でした。東京でのお見合いを振り切ってまで、田舎を訪れたタエ子の心にはカルチャーショックを乗り越える思い出がありました。

 

2つの回想シーンがタエ子にとってターニングポイントになっているのは、宮崎駿氏の言った通り、アニメにおいては難しい描写だったのかもしれません。

しかし、高畑監督のもとで情緒を感じさせる列車での演出はこの映画が名作として語り継がれる理由だといえるでしょう。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. TVアニメ『ルパン三世PART6』第十二話【感想】
  2. 『地獄楽』第十三話『夢と現(うつつ)』を観たよ!
  3. 30代後半から40代前半であれば必ず知っている『ダッシュ!四駆郎…
  4. 『地獄楽』第十話『陰と陽』を観たよ!
  5. TVアニメ『推しの子』第10話を見た感想
  6. 『COBRA THE ANIMATION タイム・ドライブ』をご…
  7. ご注文はうさぎですか??(第二期・第4話)(2015年秋アニメ)…
  8. イルミネーションフィルムが贈る3DCGアニメーション『ペット2』…

新着記事をチェック!

日本国vs大日本帝国?!『逆転世界ノ電池少女戦争の足を引っ張るものとは?

出典:©伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会突如、空間にできた裂け目から「別の日本」が攻めて…

死ぬ死ぬ詐欺の借金法『啄木鳥探偵處』

出典:©2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会金田一京助の元に、毎日のように金の…

腹ペコを訴えるまなざし!『暴食のベルセルク』

出典:©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会大罪スキル「暴食」を満足させろ!…

新着アニメニュース

PAGE TOP