アニメコラム

TVアニメ『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』第7話を見た感想

出典:©麻生羽呂・高田康太郎・小学館/「ゾン100」製作委員会

あらすじ

小杉に自由を奪われ続け、ブラック会社時代のような思考停止に陥るアキラ。

シズカは、その姿に父親の支配下にあった過去の自分を重ねるのだが…。

最終日、小杉に完全に心を掌握されたアキラが驚愕の決断を下す。

呪縛の人生

小杉によって、ブラック会社時代の思考に戻ってしまったアキラ。

アキラたちの歓迎会のはずなのに、永遠に1人だけ働かされ続けるアキラを見たシズカは、昔の事を思い出していた。

「勝つべきだ。成功すべきだ。その為に私の言う事には従うべきだ」

「言葉も分からない頃から、父にそんな事を言われ続け…自分の名前を“べき”だと勘違いしていたほどだ」

父によって「完璧」を求められ続けたシズカは、幼少期から自由が無かった。

犬を拾って犬の為に尽くしていたシズカは、将来は医者になりたいと考えていた。

しかし、父親に伝えると「リスクが高い」という理由でその夢は強制的に諦めるしかなかった。

「ああ~。それから屋根裏の荷物についてだが。さっき保健所に連絡して処分させておいた」

父親によって、唯一の心の支えでもあった“家族”を失ったシズカは、「この人に従うべき」と洗脳され、支配者に支配されながら今までを生きて来たのであった…。

目覚めの一撃

出典:©麻生羽呂・高田康太郎・小学館/「ゾン100」製作委員会

2日休み、回復したケンチョはアキラに申し訳なさそうに謝罪を伝える。

当初の約束通り、この場を後にしようと思っていたがアキラがここで口を開く。

「あ…あの…そのことだけど、お…俺、ここに残って」

「これからもリーダーの下で働こうかなって…」

眼がグルグル状態で思考がままならないアキラの発言に、ただただ戸惑うケンチョ。

アキラの肩をゆすりながら声をかけ続けるケンチョだったが、アキラの状態は一向に改善されなかった。

「分かりました。だったら、私たちだけでも失礼させてもらいます」

シズカはそう口にして、その場を後にしようとする。

離れるケンチョとシズカを見ながら、アキラは“べき”という言葉を口にし続ける。

「べきべきべきべきうるさいわね!」

「アキラ君。どうせもう二度と会う事も無いんだし、最後に1つだけ教えておいてあげる」

キレたシズカが、小杉の目的をアキラに伝える。

意思を、選択を、自由を、魂を、誇りを。その全てを小杉はアキラから奪おうとしている。

シズカの魂から叫ばれる言葉、そして声を聞いたアキラは…次第に“自身”を取り戻す。

そして、小杉の前に立ち、小杉の眼を見据えながら“本心”を口にするのだった…。

全体的な感想

ブラック時代のトラウマが蘇り、またもや操り人形となってしまったアキラ。

本当にトラウマって怖いですよね。自分が同じ立場でも従ってしまうと思います…。

歓迎会なのに1人だけ永遠と働かされ続けて、周りが何も思っていないのも怖いです。

人間性の無い人の集まりなのか、小杉の支配下だからなのか…。

シズカの過去も本当に酷かったですね。

どの会社もどの家庭も、やっぱり“男側”が酷い事が多い気がします。

プライドや権力だけあっても、“人”である事をやめてしまったら何も残らないと思います。

今回のお話は、色々と考えさせられる回でもあり、見ていてイライラする回でもあり、スカッとする回でもありましたね!

そして、人はやっぱり1人じゃ生きられないですね。誰かの声や行動、支えがあって生きていけるんだと改めて強く思いました!

 

文章:クラッシャー佐藤

関連記事

  1. TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』第3話【感想】
  2. ご注文はうさぎですか?(第一期・第8話)(2014年春アニメ)
  3. 真島ヒロの出世作 和製ファンタジーアニメーションの最高峰『RAV…
  4. 京都アニメーションが誇る人気作『けいおん!』(2009年)
  5. TVアニメ『推しの子』第4話を見た感想
  6. 手塚治虫の名作がアニメになって帰ってきた『火の鳥』第1回講談社出…
  7. TVアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2』…
  8. TVアニメ『ぷちセカ』第7話を見た感想

新着記事をチェック!

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

『うぽって!!』の銃器娘からの身の守り方

出典:(c)2012 天王寺キツネ・角川書店/うぽって!!製作委員会「うぽって」逆から読むと「て…

新着アニメニュース

PAGE TOP