アニメアイズ

『さよなら絶望先生』にまつわる、個人的な思い出話

出典:©久米田康治・講談社/さよなら絶望先生製作委員会

 

他の方からオススメいただいたアニメタイトルが、ちょっと琴線に触れなかったので、どうしたものかと(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。

やるつもりはないのですが、『ヒロアカ』こと、『僕のヒーローアカデミア』をレビューしようと思ったら、一体どれだけの月日がかかるのか? がそら恐ろしい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「アニメの感想ではないが、ちょっと珍しい話をしよう!」とかいった話です。

前提

さて。本題に入る前に、僕の経歴に由来する話なので、そのへんをざっくりと。

僕の前職は、ゲームライターでした。

だいたい16年間ほど、その道で食っておりまして、鼻に掛けるつもりは毛頭無いのですが、Wikipediaに僕の項目がある程度だと思っていただければ。

で、ですね。もっぱらR-18なゲームのシナリオを書いていたわけですが、全年齢向けのドラマCDの脚本、というものを書いたこともあります。

ゲーム本編からのスピンオフ、いわゆる、メディアミックスって奴ですね。それ関係で、過去に2作、ドラマCDに関わりました。

……ギャラがメタクソよかったので、すんげえ嬉しかったんですけどね。それはそれ。

『さよなら絶望先生』と僕

『さよなら絶望先生』と言っても、もうかなり古い作品です。

思い起こしがてらに検索してみたら、アニメの放送が、2007年なんですね。

ってことは、今から16年前! うわー、俺も年取るわけだ!

まあまあ、その頃の僕も、『絶望先生』に、結構と言うか、かなりハマってたわけですよ。

ちょうどその頃、ドラマCDの仕事がありました。

浮かれきった僕は、台本に、パロネタを入れたりしたんですよ。

平たく言えば、「絶望した! ○○に絶望した!」というセリフを紛れ込ませたわけです。

検品でNGだったなら、素直に直すつもりでしたが、なんかOKが出ちゃいまして。

そのまま、収録に入ったわけですよ。

なお、僕は、収録現場の緊張感が大好きです。

なぜなら、「プロの本気」が見られるから。

収録の際、台本を書いたライターは、呼ばれることもあれば、そうではないこともあります。

僕は呼ばれなかったので、自腹を切って、東京の現場に駆けつけました。

思わぬ再会、からの?

スタジオに入って、キャスト表(香盤表、と言います)を見て、二重の意味で驚きました。

まず、場を仕切る音響監督さんが、過去、自分のR-18作品を仕切ってくれたことのある、某I氏。

このIさん、2023年現在では、フリーでやっておられますが、有名どころのアニメに数多く関わっていらっしゃる、腕利きの方です。

僕が、「Iさん!?」と驚いたら、椅子から振り返ったIさんは、「はい? ああ、フジカワさん!」と、同じく驚いた様子。数年ぶりの、現場での再会となりました。

ただ、ひとしきり驚いたIさんが、ふいに、

「そうですか、これ(台本)、フジカワさんが書いたんですか……」

と、嫌に遠い目をなさいました。

後にして思えば、あの時の台本、あまりいい出来ではない、ぶっちゃけりゃあ面白くないシロモノだった。

ひねくれているかも知れませんが、

「そーか、テメェが書いたから、この台本はつまんねーのか」

言外で、そう言われたように思いました。

いや、正直すまんかった。

そして、もう一つ驚いたことは!

当日まで分からなかった、主人公のキャストが、『さよなら絶望先生』で、「工藤准」を演じておられた、「だいちゅうさん」こと、水島大宙(みずしま・たかひろ)さんだったことだ!

いやまあ、くだんの「絶望した!」の台詞は、別のキャストさんが喋ってくれたのですが。

(主役の)神谷浩史さんではなかったものの、パロ元の作品にレギュラーで出ておられる声優さんがいらっしゃったのですから、僕の驚きを推察していただければ。

今でも思い出せます。あの時、収録ブース内がウケていたことを。

恩着せがましいスタイル

皆様も、こういう裏話を、そうめったに目にすることがないかと思われます。

どないや? 珍しいやろ!?(鼻息フンスフンス)

業界を離れて結構経ちますから、全ては過去のこと……

……と申し上げたいのですが、厄介なことに、僕はなかなか、失敗を忘れられないんですよね。

悔やんだところで、どうにもならないのは分かってるんですけど、時折、ふと思い出して、苦々しい気持ちになります。

つか、あの時、腕が未熟だったことが痛切に(以下略)

 

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. 百合アニメ「私に天使が舞い降りた!」をご紹介
  2. どーでもいーと思わせるタイトル『かぐや様は告らせたい』だけどいつ…
  3. 『呪術廻戦』第5話「呪胎戴天-弐-」【感想】
  4. 『呪術廻戦』第15話「京都姉妹校交流会-団体戦①-」【感想】
  5. 『グレイプニル』第6話「収集者」【感想】
  6. 少し昔のギャグアニメ『ハイスクール!奇面組』(1985)小学校で…
  7. セーラー服に身を包み、ブレザー組と戦う一人のJC『明日ちゃんのセ…
  8. 神か?悪魔か?「ブラック・ジャック」

新着記事をチェック!

ご注文はうさぎですか?(第一期・第4話)(2014年春アニメ)

出典:©Koi・芳文社・ご注文は製作委員会ですか?第一期・第4話「ラッキーアイテムは野菜と罪…

幽霊部員募集!?『それでも歩は寄せてくる』田中募集?!

出典:©山本崇一朗・講談社/「それでも歩は寄せてくる」製作委員会お互い、いつも参っている。…

ご注文はうさぎですか?(第一期・第3話)(2014年春アニメ)

出典:©Koi・芳文社・ご注文は製作委員会ですか?第一期・第3話「初めて酔った日の事憶えてる…

新着アニメニュース

PAGE TOP