アニメコラム

京アニの代表作『涼宮ハルヒの憂鬱』谷川流(たにがわながる)氏のオリジナルストーリー(2006年)

今作の主人公「涼宮ハルヒ」自体がサブカルチャーの世界でブランド化され、フィギュアやグッズなどで人気が拡散したことが有名です。また、今作は京都アニメーションの代表作でもあり、のちの『けいおん!!』に繋がる重要な作品であったことは間違いありません。

彼女は気の向くままに天真爛漫

主人公の涼宮ハルヒは高校の入学式を終えてクラスで全員が自己紹介する時に、「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人・未来人・異世界人・超能力者がいたら私のところに来なさい。以上」と言い放った。そして、同じクラスの男子キョンと共に「SOS団」(S:世界を0:大いに盛り上げるためのS:涼宮ハルヒの団)という部活を作ってしまいます。様々な奇行を晒すハルヒの真の目的とは?いつの間にかハルヒの周りには特殊な人間が増えていきます。ハルヒの日常は変化の兆しを見せはじめます。

涼宮ハルヒの憂鬱

ハルヒひきいるSOS団

SOS団のメンバーにはハルヒとキョンの他に未来人の朝比奈みくる・宇宙人の長門有希・超能力者の古泉一樹が所属しています。3人は一見すると普通の高校生で普通に高校生活を送っているのですが、それぞれの思惑が見え隠れします。

見えてくる涼宮ハルヒと世界観の関係は?

ハルヒには「説明不能な(変わり者を引き付ける)力」が宿っていたのです。本作のテーマは「想いは必ず叶う」でしょうか。しかし、「精神世界が彼女を選んだ」という解釈も成り立ちます。

ほのぼのとした序盤から一気に戦闘モードになったSOS団は命の危機に立たされ、ハルヒが自らの能力で無意識に閉鎖空間を作り出すシーンは見ものです。幼い頃から感じていたであろう自分の不思議な力に確信を持った瞬間だったのでしょう。ハルヒが思わず作り出した新しい世界の存在は、既存の世界の崩壊を示唆します。この難問をSOS団はどう解決してゆくのでしょうか。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. TVアニメ『カッコウの許嫁』第19話を見た感想
  2. ガンダム史に残る長編アニメーション映画『機動戦士ガンダムNT』不…
  3. TVアニメ『ブルーロック』第12話を見た感想
  4. ドラえもん、クレヨンしんちゃんがゴールデンで見られなくなる
  5. 最強の先生『暗殺教室』(2015)本当の意味での卒業とは?
  6. TVアニメ『キャプテン翼 ジュニアユース編』第5話を見た感想
  7. TVアニメ『ブルーロック』第16話を見た感想
  8. 「荒野のコトブキ飛行隊」第10話を見て思った事

新着記事をチェック!

日本国vs大日本帝国?!『逆転世界ノ電池少女戦争の足を引っ張るものとは?

出典:©伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会突如、空間にできた裂け目から「別の日本」が攻めて…

死ぬ死ぬ詐欺の借金法『啄木鳥探偵處』

出典:©2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会金田一京助の元に、毎日のように金の…

腹ペコを訴えるまなざし!『暴食のベルセルク』

出典:©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会大罪スキル「暴食」を満足させろ!…

新着アニメニュース

PAGE TOP