アニフォゲーム部

『マリオメーカー』オリジナルコースを作成して楽しもう!

『マリオメーカー』では自分でコースを作ることができる。従来のマリオをコンセプトとしつつ、アイテム、敵の配置、隠しブロック、音楽、キャラクターなどを設定できる。マリオファンにとってはたまらない仕様となっている。

 

作成したステージはインターネットを介して、全世界にて配信できるシステムは斬新。他のゲームではほとんど取り入れられていない。自由度は広いものの、一つだけ注意点がある。難易度を高くしすぎて、自分でクリアできなかった場合は配信できない。プレイヤースキルが配信できるコースの質を決める。プレイスキルが高ければ高いほど、様々なステージを作ることができるため、腕を磨いてみてはいかがだろうか。

 

従来のマリオでは制限時間は300~400秒が主流とされているけど、『マリオメーカー』ではこちらもいじることができる。短いコースでは制限時間が10秒に設定されており、ワンミスも許されない緊張感がプレイヤーを襲う。

 

基本のコースをアレンジしたステージから、運を要するもの、知識を要するもの、頭の柔軟性が問われる、スピードを要する、騙すことを目的とされている、クリア率0パーセント代の超高難易度のステージまで幅広く用意されている。それぞれのプレイスタイルに合わせて、コースを遊んでみよう。

 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 【遊戯王】禁止カードで最強だと思うもの
  2. 近年の遊戯王は登場してから禁止になるまでの期間が短い
  3. 【遊戯王】環境の変化とともに変わる禁止カード
  4. 遊戯王 ファラオのしもべ 紹介
  5. ポケモン・オブ・ザ・イヤーが発表!!②
  6. 『ファイアーエムブレム』暁の女神をご紹介!
  7. ポケモン・オブ・ザ・イヤーが発表!!①
  8. 【遊戯王】 Vジャンプ8月号に<太陽の魔術師エダ>が収録
  1. アニフォ 4コマ

新着記事をチェック!

ゲーム世界の登場人物に転生するアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」

このアニメは2020年春からTV放映されています。原作は山口悟が著者である一迅社文庫のライト…

和風ファンタジーアニメ「このはな綺譚」

このアニメは2017年秋、全12話TV放映されました。アニメの原作は幻冬舎コミックで刊行され…

もう一つの「ダンまち」ストーリーアニメ「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝」

このアニメは2017年春(全12話)放映されました。原作はGA文庫のライトノベル「ダンジョン…

新着アニメニュース

PAGE TOP