アニメコラム

ガンダム史上貴重な6話構成のサイドストーリー『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』OVA(オリジナル・アニメーション・ビデオ)作品

出典:© SOTSU ・SUNRISE

機動戦士ガンダムの生みの親「富野由悠季氏」が参加していない初めての作品です。またOVA作品ということでテレビでの放送がなかったのも特徴の一つです。Amazonなどで作品を購入することができるのでぜひ一度チェックしてみてください。

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』あらすじ

舞台はまだ1年戦争の末期の出来事です。北極の連邦軍基地で新型ガンダムの開発が行われていることを嗅ぎつけたジオン軍が機体を奪取すべくミッションを立ち上げます。しかし、連邦軍は機体を宇宙に送りジオンのミッションは失敗に終わります。

新型ガンダムのコードネームは「ガンダムNT-1」です。舞台はサイド6のスペースコロニーに移り、ジオンの追跡は続きますが、コロニー自体を核攻撃しようとしたジオン軍の艦艇はすぐに捕獲され、ことなきを得ました。しかし、主人公のアルがみた景色は爆散するザク改と大破したNT-1の姿でした。

『何を観て、何を感じ取るか…』

この作品は、悲惨な戦争の現実を目の当たりにした少年の姿を描いたヒューマンストーリーです。平和な世界ではモビルスーツのような高度な技術により開発された芸術品は子供達の憧れであり、興味の対象です。アルもまたその一人です。

興味本位から新型ガンダムの撮影を個人的なミッションとして、戦争の触りを覗き見たいという衝動に駆られたのですが、現実の戦争は多くの命を奪い合うために極端に合理化されたものでした。アルの住むコロニーは永世中立国です。

 

その一都市である「リポー」に新型モビルスーツが運ばれジオン軍との戦闘行為が起きたことは極めて反社会的な出来事でした。でも現実の戦争はテロリズムなどもあり、スイスだって日本だってリスクを負わずに政治が行われているわけではありません。こうした物語から観る人が何を感じ取りどう思うかは、老若男女問わず重要なことだと思います。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. TVアニメ『スローループ』第10話【感想】
  2. アムロとシャアの意思を受け継ぐ『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェ…
  3. TVアニメ『ファ美肉おじさん』第5話を見た感想
  4. TVアニメ『ゆるキャン△』第7話【感想】
  5. TVアニメ『ポプテピピック』第2期 第1話を見た感想
  6. TVアニメ『カッコウの許嫁』第14話を見た感想
  7. 『アラジン/ジャファーの逆襲』をご紹介
  8. 第一部は1868年のイギリス『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』ライ…

新着記事をチェック!

はぴ☆スタ 第6話「3話ぶりの登場」

作:N556…

TVアニメ『カッコウの許嫁』第17話を見た感想

出典:©吉河美希・講談社/カッコウの許嫁製作委員会あらすじエリカの別荘で勉強合宿を行う事…

『アラジン/ジャファーの逆襲』をご紹介

出典:© 1994 Disney Corp.1994年製作、製作国 アメリカ、監督タッド・ストー…

新着アニメニュース

PAGE TOP