アニメ

真島ヒロの出世作 和製ファンタジーアニメーションの最高峰『RAVE』をご紹介

真島ヒロといえば『FAIRY TAIL』でもお馴染みのファンタジー漫画の作家です。テレビシリーズでは漫画版の全296話が、全51話にまとめられています。

コミックスは累計1800万部を突破しており「週刊少年マガジン」に長期連載された人気作品です。

『RAVE』あらすじ

主人公のハル・グローリーは「光の聖石レイヴ」の使い手・レイブマスターになることを夢見て旅を続ける少年です。彼のパートナーはエリーと言います。両親を亡くしているハルにとってエリーは心の支えです。ある日見つけた鼻が三角コーンの様に尖っている謎の生物をしゃぶ太郎と名付けます。

どうやら犬らしいのですがこの作品には序盤から喋る太陽の形をした壁掛け飾りが登場するなど、かなり独特な世界観を表現しています。問題は闇の魔石ダークブリングであり、50年前には「レイブ」と「ダークブリング」の戦争で世界の10分の1を破壊したと言われるオーバードライブがおきたことです。ハルは世代を守るための勇気ある旅へと向かいます。

『アニメ界にとって貴重な財産』

『RAVE』はアドベンチャー要素の強い作品であり、原作者の真島ヒロ氏にいわせるとポップさが伝わればいい、というように独特な世界観がアーティスティックに描かれています。ファッション面でも当時のカジュアル系ファッションに強く影響を与えており、『RAVE』という共通の話題はステイタスにさえなっていました。

テレビアニメでは省略されているものの、残酷なシーンも数多くあり、原作者の本気度が伝わってくる迫力のある描写が読み手にダイレクトに伝わっている作品です。それだけにテレビアニメ化することはとても難しかったと思いますが、物語の核心や「善」「悪」「光」「闇」の現し方が絶妙に描かれていてアニメーションならではの感動を誘います。

 

また、真島ヒロ作品はカラーだからこそ生きるデザイン性があると思うので、アニメ化したことは日本のアニメ界にとっても貴重な財産だと思います。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 2019年春アニメをご紹介!第3弾『川柳少女』 2019年春アニメをご紹介!第3弾『川柳少女』
  2. 「荒野のコトブキ飛行隊」第8話を見た感想
  3. 対エイリアン戦争を描く『アルジェントソーマ』新世代のロボットアニ…
  4. 2019年春アニメをご紹介!第2弾『ひとりぼっちの○○生活』
  5. 可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 【2019年夏アニメ】個人的に視聴をオススメしたいアニメ3作品を…
  6. ――眩しさだけは、忘れなかった。『Summer Pockets』…
  7. 新海誠監督初の長編ラブロマンス・アニメーション『君の名は。』をご…
  8. 【2019年 夏アニメ】『ありふれた職業で世界最強』の放送が楽し…

新着記事をチェック!

『マリオメーカー』オリジナルコースを作成して楽しもう!

『マリオメーカー』では自分でコースを作ることができる。従来のマリオをコンセプトとしつつ、アイテム、敵…

実写化もされた青春アニメのテレビシリーズ『NANA』ナナとハチの友情を鮮烈に描く

1999年に原作者・矢沢あいの手で『リボン』の姉妹誌『Cookie』で2話が掲載されたのが始まりです…

父子家庭のほのぼのとした日常を描く『赤ちゃんと僕』テレビアニメ化され話題に

第40回(平成6年度)小学館漫画賞受賞作品である原作は羅川真里茂氏の手によって描かれました。少女漫画…

新着アニメニュース

PAGE TOP