アニメアイズ

昭和・平成・令和の少年少女を沸かせたDBシリーズの初代『ドラゴンボール』をご紹介

誰もが知っているだろうアクション系アニメの代表作『ドラゴンボール』を紹介します。当時、フジテレビ系列の水曜日 19:00 – 19:30というゴールデンタイムに放送されるアニメとして人気を博した『ドラゴンボール』は、すでに人気だった同枠の『Dr.スランプ アラレちゃん』に次ぐ鳥山明作品として国民的に愛されました。

『ドラゴンボール』あらすじ

惑星ベジータから舞い降りた一人の赤ん坊は地球人のお爺さんに助けられ大事に育てられました。しかし、その子には猿の尻尾がついており、満月の夜になるととても巨大な大猿の姿になって暴れまわってしまいます。ある満月の夜、大猿になった孫悟空はお爺さんを踏み潰してしまいます。

それからの孫悟空は、旅を続け猛獣たちに戦いを挑み修行の旅を続けます。ある日ブルマという女性にあった孫悟空は「ドラゴンボールを7つ集めると神龍が出て来て願いを叶えてくれる」という噂を知ります。孫悟空とブルマの地球規模の大冒険が始まります。

『鳥山明氏の感性と世界観に脱帽』

第1作『ドラゴンクエスト』に関して、キャラクター、モンスターデザインを1986年から担当している鳥山明氏は、2019年ドラゴンクエストの映画版アニメーションの実現にも貢献しました。『ドラゴンクエスト』と『ドラゴンボール』に関しては現在進行形でプロジェクトが進んでいるのが感嘆させられるポイントです。

『ドラゴンボール』で描かれる神龍は地球の神であるナメック星人(ピッコロが住む星の住人)が召喚するものであり、ナメック星にはさらに強力な神龍がいるという設定が大胆かつ不適です。物語の序盤では地球人にとって脅威そのものでしかなかったピッコロ大魔王はいずれ神であるナメック星人と合体することになります。

 

孫悟空は更に上界の界王神界にまでその身を置き地球を守る為に生きていこうとするのです。そこに鳥山明氏の極端な感性と壮大な世界観が込められています。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. ポンコツな少女が主人公の「まちカドまぞく」がアニメ化。
  2. 【少年少女】向けのアニメ 真島ヒロ先生の集大成『FAIRY TA…
  3. KAエスマ文庫初の大賞受賞作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』…
  4. 対エイリアン戦争を描く『アルジェントソーマ』新世代のロボットアニ…
  5. 生態系の一部『ゾイド』数万年間の歴史
  6. 舞台は日ノ本(ひのもと)『甲鉄城のカバネリ』(2016)人間に狂…
  7. 人間を食らう巨人族の物語『進撃の巨人』逃げ惑う人間たちの運命や如…
  8. 父子家庭のほのぼのとした日常を描く『赤ちゃんと僕』テレビアニメ化…

新着記事をチェック!

生態系の一部『ゾイド』数万年間の歴史

1983年に始まった『ゾイド』の歴史は、2020年現在でも継続的にプロジェクトが進められている作品で…

『この素晴らしい世界に祝福を!』第10話 「この理不尽な要塞に終焔を!」【感想】

ついに第一シーズンも最終話になりました。暴走する古代兵器の正体とは、魔王軍との関係は?ウィズは仲間に…

『ご注文はうさぎですか?BLOOM』第一話【感想】

<ご注文はうさぎですか>の、3期シリーズの第1話について取り上げていきます。…

新着アニメニュース

PAGE TOP