アニメ

庵野秀明監督作品 孤高のロボットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をご紹介

『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督は元々『風の谷のナウシカ』などで巨神兵のデザイナーとして働いていたこともあり、その頃のキャリアに基づいた技術を遺憾なく発揮し、新たなオリジナルストーリーを表現しました。

『新世紀エヴァンゲリオン』あらすじ

このストーリーは1995年に放送されたものですが、時代設定は西暦2000年です。2000年の9月13日に大災害セカンドインパクトが起きて人口の半分が亡くなってしまった世界で、この一件から更に15年後のある日14歳の少年碇シンジ(いかり シンジ)が父親である国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウの命令で「エヴァンゲリオン初号機」に搭乗するというストーリーです。

シンジは綾波レイとアスカという二人のパイロットと共に神聖な戦いへと挑むことになります。

『テクノロジーを否定し、肯定する』

連続新聞小説、および映画で紹介された旧世紀エヴァンゲリオン『1895年(明治28年)10月4日~1896年(明治29年)3月27日』では、セカンドインパクトは神格的に描写されています。アダムという未知の脅威が皇居を脅かすというものでした。

しかし、新世紀エヴァンゲリオンでは「災害」ということになっています。未知の力による世界規模の宗教戦争というよりは、未熟な使徒達が暴走を繰り返し、人間が持ってしまった巨大なテクノロジー自体を否定し、また肯定しようとする物語です。

 

キーマンとなる3人のパイロットが全て未成年というのも日本のロボットアニメのテッパンになっています。1995年に描かれたエヴァが問いかけているのは、近未来における暴走するテクノロジーの脅威です。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 人が人を食らう世界の本能の暴走『東京喰種トーキョーグール 第1期…
  2. 細田守監督の名作『おおかみこどもの雨と雪』をご紹介
  3. 冨樫義博氏の出世作 霊的な能力が飛び交う不思議な世界の物語『幽☆…
  4. 大友克洋監督の最高傑作『AKIRA』暴走する鉄雄の運命とは?
  5. スタジオポノックの処女作 蘇る魔法の花 『メアリと魔女の花』をご…
  6. 月からモビルスーツが舞い降りる!?『∀ガンダム』の総括
  7. 【ディズニーの人気作品】 長い髪がキュートな王女様『塔の上のラプ…
  8. ジブリアニメの象徴『となりのトトロ』楠の妖精との出会い
  1. 2019年春アニメをご紹介!第8弾『異世界かるてっと』

新着記事をチェック!

『パワプロクンポケット3』の彼女について

パワポケ3の彼女候補をあげます。アンヌアルベルト…

『アニフォ』第二十八作:ジャンケン【4コマ劇場】

雑種風情が…!!&nbs…

『アニフォ』第二十七作:桃太郎【4コマ劇場】

桃。皆はナイフで切る?包丁で切る?&nbsp…

新着アニメニュース

PAGE TOP