アニメ

宮崎駿監督作品 腐敗した世界を正常な地に戻そうとする少女の姿を描いた『風の谷のナウシカ』をご紹介

元々は1982年から全59話(7巻)の漫画が発売されていた『風の谷のナウシカ』は完全なオリジナルストーリーです。1979年に宮崎駿氏が監督した「カリオストロの城」についての興行的失敗から再起を図るために、現・ジブリメンバーが新たな映画のためにオリジナルの原作漫画を発行したという逸話があります。

『風の谷のナウシカ』あらすじ

巨神兵オーマによる「火の7日間」という最終戦争から1000年が経ち、世界は「腐海の森」に包まれていました。伝説の剣士ユパは旅を続け風の谷に帰って来る前に蟲に襲われます。そこに居合わせたのがナウシカです。

風の谷の王女ナウシカは蟲と会話することができます。更に秘密の部屋で小さなガーデニングをしていました。それは腐海の森の腐敗する原因が「水」であり、空気や大地ではないということの証明でした。ナウシカの生き様はやがて、風の谷の伝説になろうとしていました。

『クシャナの立場に注目』

アニメ映画『風の谷のナウシカ』で、蟲も腐海の臭気も恨まないナウシカが唯一逆上したシーンがあります。トルメキア軍の侵略により「ジル(ナウシカの父)」が殺された場面です。ナウシカはひどく激昂し、トルメキア軍の兵士を5人も殺してしまいます。

のちの『もののけ姫』に影響を与えたであろう軍を背負った(正統な王家の血をひくトルメキア王妃)クシャナの立場にも注目です。クシャナとナウシカは国を背負った王女という点では一致していますが、持っている価値観が違いすぎました。

 

「火の七日間」からの復興を地道に続けてきた風の谷に対してトルメキア軍の横暴、そしてペジテの陰謀が、風の谷に集中砲火を浴びせます。そしてナウシカの前に王蟲の大群と巨神兵が立ちはだかり――。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 『盾の勇者の成り上がり』第2期・第3期制作決定! 尚文・ラフタリ…
  2. ロボットアニメの最高傑作。日本の戦争アニメといえば『機動戦士ガン…
  3. 『2019年 夏アニメ』ノイタミナ初のBL。青春バンドストーリー…
  4. 手塚治の名作『ジャングル大帝』 ジャングルで孤独と戦い帝王になっ…
  5. 「荒野のコトブキ飛行隊」第11話を見て抱いた違和感
  6. 2019年 夏アニメ 『ギヴン』に登場する佐藤真冬の笑顔が尊い……
  7. ピクサーの人気作第2弾『トイ・ストーリー2』おもちゃが旅する感動…
  8. 【2019年 秋アニメ】『PSYCHO-PASS サイコパス 3…

新着記事をチェック!

『アニフォ』第二十一作:もう一人の【4コマ劇場】

おかっぱなロアちゃんは、駄菓子バーに行ってます。…

『アニフォ』第二十作:プレッシャー【4コマ劇場】

君は…耐えられるか…!?…

『アニフォ』第十九作:やる気でないね【4コマ劇場】

やる気でないね (¦3&…

新着アニメニュース

PAGE TOP