アニメコラム

TVアニメ『推しの子』第11話を見た感想

出典:©赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・【推しの子】製作委員会

あらすじ

ついにステージに立ったB小町。

MEMちょ目当ての客が詰めかける中、ルビーは亡きアイを思わせる笑顔で観客を魅了する。

だが、かなを応援するサイリウムの光はなく…。

地獄のステージ

スターステージに出演する事が決定したB小町。

そこは暑いと噂される地獄のステージだった。

「集客は悪くない。うちにはインフルエンサーがいるから心配はしてなかったけど」

「思ったより赤のペンライトも目立つ」

サイリウムのカラーはルビーが赤、MEMちょが黄、かなが白を選択していた。

白は“特別枠間”でズルいと思う子がいて揉めがちと言われていた。

それでも、かなは白色を選択する。ルビーは“先輩らしい”と口にしていた。

今回の客はMEMちょ目当てで来ている人が多い為、白色のを振っている客は全くいなかった。

それによって、かなはまたネガティブ思考に陥るのだった…。

救ってくれるのはいつも…

笑顔でステージを踊り、観客を魅了して行くルビー。

「あぁ、この子は眩しいな」

「今この瞬間も誰かの心を奪って、どんどんファンを増やしてこういう子が上がっていくんだろう」

ルビーとMEMちょの眩しい姿を見ながら、1人闇に閉ざされていくかな。

自分の事を見てくれる人が誰もいない。そんな人生を歩み続けてきたかなは、「誰か私を見て」この言葉だけを十数年間叫び続けていた。

「あの子は使えるって言って」

「そしたら馬車車のように働くよ。頑張ったねって褒めて」

そんな時、闇の中に1つの光を見つける。

その光は、アクアが3色全てを持ちながらヲタ芸をしていたのだった。

「バカみたい!澄ました顔して何してんのあいつ!」

アクアの姿を見たかなは、憑き物が落ちたかのように闇から這い出る。

出典:©赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・【推しの子】製作委員会

「アンタの推しの子になってやる!」

まるで“アイ”のような瞳でアクアを射抜くかな。

観客のサイリウムも“白”が増えていくのだった…。

全体的な感想

かなちゃんを救うのはやっぱりアクアですね!

舞台の上でも闇に落ちてしまったかなちゃんでしたが、無事に光を見つけたようで良かったです!

最後の表情は、本当にアイに近い位かわいかった。かなちゃんがセンターで大正解ですよ!

ルビーとMEMちょも笑顔で踊れていましたし、大成功のLIVEとなりましたね。

今後はもっと人気が出る事になるでしょうね!

アクアはアクアで、かなが自分とは“話したくない”のだろうと不貞腐れていましたが、それも解決できたようで万々歳でした。

2人が前のように仲良く意地悪な関係に戻って本当に良かったです。

推しの子は、今回が最終回でしたが、既に第2期制作が決定しているようなので、続編を心待ちにしたいと思います。

あかね×かな×アクアの三角関係がどのように転がっていくのか…。

ドギマギしながら第2期まで妄想を捗らせたいと思います!

 

文章:クラッシャー佐藤

関連記事

  1. TVアニメ『僕の心のヤバイやつ』1話 感想
  2. TVアニメ『異世界おじさん』第4話を見た感想
  3. TVアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2』…
  4. 舞台はブリタニア『七つの大罪』テーマは精神論の具象化(2014年…
  5. TVアニメ『久保さんは僕を許さない』第4話を見た感想
  6. TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』第12話【感想】…
  7. 宮崎駿監督作品 腐敗した世界を正常な地に戻そうとする少女の姿を描…
  8. TVアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』 第1…

新着記事をチェック!

【白猫テニス】新キャラなし告知から半年…現在は?

出典:Copyright © いらすとや. All Rights Reserved.こんにちは統…

【白猫プロジェクト】ホロライブキャラの使用感

こんにちは統です!昨日までホロライブのコラボガチャがきてました。白猫プロジェクトがホ…

『うぽって!!』の銃器娘からの身の守り方

出典:(c)2012 天王寺キツネ・角川書店/うぽって!!製作委員会「うぽって」逆から読むと「て…

新着アニメニュース

PAGE TOP