アニメコラム

アニメ『DEATH NOTE』の思い出

出典:©大場つぐみ・小畑健/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

ハマる人も多いジャンプ作品

「DEATH NOTE」は週刊少年ジャンプで連載していた漫画です。

小説や実写映画、ドラマ、ミュージカルなど様々なメディアで盛り上がりを見せる人気作です。

アニメ版は原作漫画が完結した2006年から放映されました。

深夜帯に放送していたので、DEATH NOTEのダークな世界観とマッチしていて更に面白く感じた覚えがあります。

死神のノート

出典:©大場つぐみ・小畑健/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

死神のノートである「デスノート」を拾った「夜神月」は新世界の神となるため、沢山の悪人をデスノートの力で死に追いやります。

そのうち世間も「悪いことをすると殺される」と気付くようになり、悪人を殺す者=『キラ』という架空の人物を作り上げます。

そしてキラによる殺人を、犯罪者を狙った連続殺人として捜査する探偵、通称『L』とキラによる頭脳戦が繰り広げられます。

アニメオリジナルの描写

原作漫画とそこまで大きな展開の違いはありませんが、アニメオリジナルの描写はいくつか存在します。

有名な場面だと「ポテチを取り、食べる」のところでしょうか。

自分の部屋が監視されていることを知った月が何気なくポテチを食べつつ、ノートの切れ端を使い犯罪者を裁く場面です。

漫画では淡々とした描写でしたが、アニメでは壮大なBGMと演出により、更に印象に残るシーンになりました。

OP、EDも世界観と合っていて良い!

前期OP・EDはヴィジュアル系ロックバンドの「ナイトメア」、後期OP・EDはロックバンドの「マキシマム ザ ホルモン」が担当していました。

前期はダークでシリアスな雰囲気、後期はどこか狂気を含んだ感じがとてもハマっていると感じました。

放送から10年以上経っていますが、令和になった今でも面白く感じる「DEATH NOTE」を皆さんも改めて楽しんでみませんか?

文章:大葉勺々

関連記事

  1. TVアニメ『可愛いだけじゃない式守さん』第2話を見た感想
  2. 富野由悠季監督が原作を手がけたガンダムのアナザーストーリー『機動…
  3. 2019年一躍アニメ市場を席巻した『セカイ系とは』小説からアニメ…
  4. TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』第6話【感想】
  5. TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』第8話【感想】
  6. TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』第9話を見た感想
  7. TVアニメ『ルパン三世PART6』第十三話【感想】
  8. 『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』と『劇場短編マクロ…

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP