アニメコラム

ラブライブ!μ’sの思い出

出典:©2013 プロジェクトラブライブ!

はじめに

現在でも人気が高いラブライブ!シリーズ。

シリーズの中にいくつかのグループが存在しますが、筆者はその中でも「μ’s」が好きです。

最近、μ’sの楽曲を聴く機会が増え、懐かしさに浸ることが多くなってきました。

そういえば、自分はどうやってラブライブ!を知ったんだろう。ハマるきっかけってなんだったかな?ちょっと振り返ってみたいと思います。

ラブライブ!との出会い

ラブライブ!の初代のアニメが放送されたのが2013年になるので、約9年前の話になります。

「ラブライブ!という作品が凄い」という評判を友人から聞いたり、ネットサーフィンをしているとラブライブ!の話題で盛り上がっているのを見かけることも多く「流行っているアニメなんだな」とは感じていました。

なかなか手をつけるタイミングが無かったのですが、とある日の夜中にテレビをつけてザッピングをしていたら、たまたまラブライブ!が放送されていました。

「これが噂の…一応見てみるか」と思って見ていると、テンポも良く、コミカルなノリで楽しく視聴出来ました。

それをきっかけにラブライブ!という作品について調べるようになり、アニメも最後まで見てみようと思いました。

ハマる要素

出典:©2013 プロジェクトラブライブ!

幼い頃からディズニー映画のミュージカルシーンが好きで、ラブライブ!もミュージカルっぽいところや華やかなライブシーンもありとても好きな要素です。

メンバーを増やしていく過程やトラブルとの対峙、成功と挫折の描写もスポ根作品のような熱い気持ちにさせてくれました。

実写ドラマのような演出もリアルな感じが出ていて好きな部分です。

μ’sのメンバーが仲良しな姿は微笑ましく、コンビやトリオでいろんな関係性が見えてくるのも興味深かったです。

初めて課金したゲーム

当時の筆者はスマホのソシャゲをあまりプレイしたことがなく、初めてちゃんとプレイしたソシャゲが「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」というリズムゲームでした。

リズムゲームとしても面白かったですし、何よりμ’sのメンバーを育成出来てオリジナルイラストを見られたりオリジナルストーリーを読めるのもますますラブライブ!にハマるきっかけになりました。

イベント報酬を得るために初めて課金もしました。それぐらい筆者の中で大好きなコンテンツになっていました。

今、改めて思うこと

今は昔ほどラブライブ!を熱心に追いかける感じではなくなりましたが、ふとしたときにμ’sの楽曲を聴いて「懐かしい」「やっぱり好きな曲だな」「昔はあんまり気にしてなかった曲だけど、今聴くと良いな」などいろんな気持ちで胸がいっぱいになります。

μ’sのライブシーンをまとめた『ラブライブ!μ’s Live Collection』のBlu-rayも持っていますが久しく見ていないので、この機会に改めて元気に歌って踊るμ’sからパワーを貰おうと思います。

 

文章:大葉勺々

関連記事

  1. TVアニメ『僕の心のヤバイやつ』1話 感想
  2. スラムダンク以来の衝撃『あひるの空』(2019)スポ根青春ものの…
  3. TVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女Season2』第23話…
  4. テニスブームを牽引『エースをねらえ!』蝶のように美しく、蝶のよう…
  5. ソニーピクチャーズが贈る鉄腕アトムのTVシリーズ第3作『アストロ…
  6. グランベルム 現代と古代『グランベルム2話』魔法少女と現代っ子の物語(2019…
  7. アニメ映画『サマーゴースト』を見た感想
  8. TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』第10話【感想】
  1. 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

新着記事をチェック!

日本国vs大日本帝国?!『逆転世界ノ電池少女戦争の足を引っ張るものとは?

出典:©伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会突如、空間にできた裂け目から「別の日本」が攻めて…

死ぬ死ぬ詐欺の借金法『啄木鳥探偵處』

出典:©2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会金田一京助の元に、毎日のように金の…

腹ペコを訴えるまなざし!『暴食のベルセルク』

出典:©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会大罪スキル「暴食」を満足させろ!…

新着アニメニュース

PAGE TOP