アニメアイズ

スピリチュアルな描写が特徴『スポーツアニメの代表作』舞台背景が決め手

以前のコラムでも書きましたが、同じようなテーマのコラムなので『今、映像作品から得るもの』について考えていきたいと思います。スポーツといえば若者にとっては青春であったり、大人にとっては娯楽であったりするものです。

体を動かすことは人格形成に大きくつながるものなので、とても重要です。スポーツアニメはある意味もっとも優れた人々を応援するツールなのかもしれません。

スポーツアニメの代表作 

プロのアスリートにも多大な影響を与えている一世一代の成り上がりストーリーから『ブレーカーズ』のような障がい者パラスポーツまで今尚熱いスポーツアニメ界を語ります。

1:スラムダンク

2:ハイキュー!!

3:ラフ

4:キャプテン翼

5:ブレーカーズ

 

『映像作品から得るもの』

注目すべきはパラスポーツ・アニメです。『リアル』という井上 雄彦(いのうえ たけひこ)氏の作品が有名ですがアニメ化はされていません。『ブレーカーズ』はN H KのEテレで1話9分間の短編アニメとして2020年に放送されたもので、あっという間ですが感動的な物語に仕上がっています。

『キャプテン翼』と『スラムダンク』は、筆者が若い頃のバイブル的存在でしたし、『ラフ』は青春そのものでした。大人になってから読んだ『ハイキュー!!』は、視聴者のコンプレックスを抱えた胸によく刺さる物語です。個人的には東京パラリンピック前に『リアル』のアニメ作品化を!と思っています。

まとめ

映像作品から何を得ればいいのでしょう。良い意味での自己完結な物語の落とし込みは、大人になってから重要になる「頑なな心」を養ってくれます。スポーツアニメというのは、筋が通っていて、成長することの喜び、そして共有することの尊さを教えてくれます。だから「良い意味での自己完結」は自ずと拡散されます。

誰に応援されるでもなく自身が成長するために映像と向き合う人、映像の中に理想を見つけ、他者との共存の種にする人、いろんな人がいると思いますが、とにかくどんなに成長しても楽しく遊ぶことのきっかけになるのがスポーツアニメというものでしょう。

 

文章:S.Shinichiro

関連記事

  1. 『ゴールデンカムイ』第七話「錯綜」【感想】
  2. 『スライム倒して300年』第12話「喫茶店を開いた」(最終回)【…
  3. 『鬼滅の刃』第十話「ずっと一緒にいる」【感想】
  4. 『ゴールデンカムイ』第八話「殺人鬼の目」【感想】
  5. 『鬼滅の刃』第十四話「藤の花の家紋の家」【感想】
  6. 国王選挙に明け暮れる大家族を描いたアニメ「城下町のダンデライオン…
  7. 愛と平和をテーマに!『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』…
  8. 『鬼滅の刃』第九話「手毬鬼と矢印鬼」【感想】

新着記事をチェック!

TVアニメ『かぎなど』第1話 「クライマックスなど」を見た感想

出典:©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO鍵っ子には堪らないアニメが始まりました。…

TVアニメ『ゆるキャン△』第8話【感想】

出典:© あfろ・芳文社/野外活動サークルゆるキャン△の8話を書いていきます。千明に呼び出さ…

我らが妖怪パトロール隊長『ドロロンえん魔くん』

出典:(C)ダイナミック企画・東映アニメーションこの作品は、原作が漫画家の永井豪氏でフジテレビ系…

新着アニメニュース

PAGE TOP