アニメアイズ

「うーさー」といううさぎの守備範囲の広い物語『うーさーのその日暮らし』地球の日常から宇宙での冒険まで(2012年)

うーさーのその日暮らし

2011/ 2012年あたりに突如ブレイクしたこの作品は宇佐義大の原案を様々な形で企画化し、多方面から宣伝されたサブカル界の期待の星です。うーさー達のあまりにもシンプルすぎるビジュアルが逆にアニメ界の流行に乗ってブレイクしたものです。うさビッチやケロロ軍曹の後を担うような存在になってほしいと願います。

お肉大好きうーさーさん

「うーさー星」出身のうーさーは、訳あって双子の姉妹リンとレンとともに地球で過ごしています。性格は強欲で、うさぎなのに好きな食べ物は肉です。うーさーのお供には自身が作った人造メカうさぎのダスうさが居ます。ダスうさはうーさーのことをご主人様と呼び慕います。夢幻編では煎餅をかじった瞬間『全能の力』を手に入れるというわかりづらいエピソードもあります。随所随所にアニメーターの遊び心が溢れる、ほのぼのとしながらも瞬発力のある物語です。

マルチタレントのうーさーとダスうさ

筆者とダスうさの出会い

筆者がこの作品に出会ったのは『ダスうさ』というぬいぐるみの存在がきっかけでした。まだ幼い姪っ子にどのようなプレゼントがいいかと思い検索するとこの可愛らしいうさぎのぬいぐるみを発見しました。

万人に愛されるキャラクター性

元々「supercell」というクリエーター集団の個人サイトから派生して、ふじのきともこによりウェブコミック化されたものなので、「マルチに愛されるキャラクター」というテーマはキャラクターの創造段階からあったものと思います。

子供のためならできることはなんでもやるのがうーさー

キャラに似合わないことを演じさせられるのが特徴で、視聴者である子供たちの想像力に対抗するために、宇宙船に乗ったり、赤ん坊を育てたりするところが、「いじられてるなぁ」と思うポイントです。とにかく子供のいる家庭にオススメなアニメーションです。

原作者『宇佐義大』の理想を反映した作品

アニメ化にあたって原作者から「うーさーの配役」などの要望が合ったようで、それをきっちり反映した作品です。よって宇佐義大さんの世界観が色濃く描かれています。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. 遊戯王の歴史
  2. 最強の先生『暗殺教室』(2015)本当の意味での卒業とは?
  3. 『この素晴らしい世界に祝福を!』第7話 「この凍えそうな季節に二…
  4. 湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』(2019年)
  5. 日本が世界に誇るヒロインアニメ『美少女戦士セーラームーン』202…
  6. ジョージ・ルーカス監修『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 』…
  7. 不思議系アニメの真骨頂『女子高生の無駄づかい』(2019)
  8. 「荒野のコトブキ飛行隊」第12話で外された(外れた)予想
  1. 時をかける少女

新着記事をチェック!

『グレイプニル』第1話「僕の中には」【感想】

2020年4月アニメなのでまだ、DVDが発売されていないのが残念ですが、この作品は筆者が「2020年…

【遊戯王】ラッシュデュエルに落とし穴が登場!

ラッシュデュエルのレジェンドカードとして、<落とし穴>が登場します。<落…

ヒーローと『アニメ版ベストカップルについて』ヒロイン

今回はアニメ版のベストカップルについて書いていきたいと思います。悲劇のヒロインや運命の相手、宿命、も…

新着アニメニュース

PAGE TOP