アニメコラム

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第7話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

あらすじ

スプリンターたちに送り出され、最後の山へと突入した坂道たち。

4人のクライマーがいる箱根学園から、次々と総攻撃を受ける総北だが、オールラウンダーに転向した鳴子の活躍もあり、何とかその場をしのぐ。

しかし、峠の合間にある平坦道にさしかかると、箱根学園キャプテンの泉田がチームを引いて一気に加速するのだった…。

オールラウンダー鳴子

悠人、黒田、真波、葦木場からの総攻撃を何とか凌ぎ続ける総北。

手嶋は、箱根学園の攻撃を全て抑えてくれた鳴子に感謝を伝える。

「ありがとよ鳴子。オールラウンダーに転向してくれて」

「ここで、この時点で戦力が4枚あるってのはありがたいことなんだ。しかも、お前はゴールに対しての嗅覚もある。ゴールが狙える!」

手嶋の言葉に鳴子は、小野田と今泉にも聞こえるように去年の約束を口にする。

3人で肩を組んで手を繋いでゴールするという言葉を聞いた小野田と今泉は、士気が向上。

3人のプレッシャーが一気に跳ね上がる。

やがて、最初の登りが終わりを迎え、平坦道に入ろうとしていた。

そして、そこで手嶋は致命的なミスをしていた事に気が付くのだった…。

アブReady?FINAL ROAD!

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

最初の山を終え、平坦道に差し掛かった所で泉田が前に出る。

泉田の役割はこの平坦道にあったのだ。平坦を休みだと考えていた総北とは違い、平坦こそが勝負目と箱根学園は考えていたのだった。

反応の遅れた総北は、泉田によって一気に引き離されてしまう。

平坦2kmを本気の走りでチームを引いて駆け上がる泉田を、何とかして追撃しようと今泉が全力でペダルを踏む。

しかし、総北が箱根学園に追いつく事は無かった。

山に入る手前で700mという差をつけられてしまった総北は、小野田が前に出てハイケイデンスクライムを開始するのだった…。

全体的な感想

ちゃんと鳴子君に感謝の気持ちを伝える手嶋さん良いですね!

実際、鳴子君がいないと3日目まで総北は残っていなかった可能性も高いですからね…。

それほどまで、オールラウンダーに転向した鳴子君の存在感は強いです。

そして、平坦道に入ってからの泉田。相変わらずの怒涛の走りでした!

筋肉が居なくなったことにより小毬君とか悲しみそうですが、そもそも京都伏見は追いつけるのでしょうかね…。

いつ、どこで仕掛けて来るのか分からないので不安です!

 

文章:クラッシャー佐藤

関連記事

  1. 魔法少年と魔法使いの少女の物語『ソウルイーター』
  2. 神山健治監督のTVシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE …
  3. ガンダム史を語る上では欠かせないテレビアニメシリーズ『機動戦士ガ…
  4. 鼻毛真拳の使い手ボーボボ『ボボボーボボーボボ』綺麗なバラには棘が…
  5. 新海誠監督作品『秒速5センチメートル』短編小説の3話構成(200…
  6. TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第4話を見た感想…
  7. TVアニメ『異世界おじさん』第3話を見た感想
  8. 特異なファンタジーストーリー『電影少女 -VIDEO GIRL …

新着記事をチェック!

TVアニメ『弱虫ペダル LIMIT BREAK』第10話を見た感想

出典:©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会あらすじ互いに一歩も譲ら…

TVアニメ『ブルーロック』第14話を見た感想

出典:©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会あらすじ圧倒的な能力と強烈…

TVアニメ『LUPIN ZERO』第三話【感想】

出典:©モンキー・パンチ/TMS第三話のタイトルは、「一世の孫、跡目を競う」です。あらすじ…

新着アニメニュース

PAGE TOP