アニメアイズ

2020年7月に振り返る『2019年アニメTOP10』皆さんのTOP10は?

今年(2020年)も早くも7ヶ月が経ってしまいました。今年の春アニメも大詰めを迎えておりますが、同時に去年のアニメのDVD/BLU-RAYが発売される時期でもあります。

去年は本当にアニメが豊作な一年だったと思います。特にアニメ映画の躍進は迫力がありました。

TOP10

1位 『HELLO WORLD』

2位 『きみと、波にのれたら』

3位 『鬼滅の刃』

4位 『五等分の花嫁』

5位 『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』

6位 『天気の子』

7位 『ガールズ&パンツァー』

8位 『約束のネバーランド』

9位 『私に天使が舞い降りた』

10位 『女子高生の無駄遣い』

 

 

TOP1入れ替わり

去年の年末に振り返った時点では、筆者にとってのナンバーワンアニメは、『きみと、波にのれたら』でした。決定的でした。しかし『HELLO WORLD』です。

この作品は京都の名所が多く出て来て尚且つ、京都の街自体が高度に発達した都市機構を持っているという設定です。繰り返し見るうちにこの場所行ったことあるとか、細かいところでは主人公の履いている「偽パトリック」の靴がかっこいいとか見れば見るほど魅力に取り込まれます。

3位以下は安定の面白さ。ランキングサイトを見ていると意外とこの1位から3位(鬼滅の刃)の評価が世間の人気や実績にそぐわないこともあるようで、専門家の意見とは難しいものです。

まとめ

続編や映画化なども多くランクインさせましたが、やはり評価したいのはオリジナル作品や書籍のアニメ化作品です。新鮮さに溢れる作品はその時代を象徴します。例えば『五等分の花嫁』は元々漫画で人気を博した作品ですが、その柔らかなストーリーは観る人に新しい恋愛観を植え付けます。

このようにまだ埋もれている書籍類を掘り下げて見るのも直接的ではありませんがアニメを楽しむ方法の一つではないかと思います。経済的負担は大きいけれど、筆者もいろいろリサーチしていきたいと思います。

 

文章:S.Shinichiro

関連記事

  1. 『南国少年パプワ君』藤子不二雄氏の作品で育った世代のニューヒーロ…
  2. 湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』(2019年)
  3. 少し変わった異世界転生ファンタジー「本好きの下剋上〜司書になるた…
  4. 何も考えずに笑える『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』を是非と…
  5. 2019年春アニメをご紹介!第8弾『異世界かるてっと』 2019年春アニメをご紹介!第8弾『異世界かるてっと』
  6. 実写化もされた青春アニメのテレビシリーズ『NANA』ナナとハチの…
  7. 根強い人気『デビルマン』悪魔の正義(1972年)
  8. 百獣の王ライオンの親子の数奇な運命を描く名作『ライオンキング』感…

新着記事をチェック!

「ニセコイ」の続編アニメ再び、「ニセコイ:」。

このアニメは2015年の春に「ニセコイ」の続編として全12話がTV放送されました。前作「ニセ…

週刊少年ジャンプで連載された正統派ラブコメのアニメ「ニセコイ」。

このアニメは2014年の冬から春にかけて全20話がTV放送されました。原作は週刊少年ジャンプ…

良質アニメには変化が必要『突然変異型アニメキャラについて』客観視と心理的成長

アニメに躍動感を求めるときに多く用いられる手法がキャラクターの突然変異です。それは大概の場合、魔界か…

新着アニメニュース

PAGE TOP