アニメアイズ

ジョージ・ルーカス監修『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 』人気ファンタジー・ストーリーのアニメーション版(2008年)

出典:© 2008 Lucasfilm. All Rights Reserved.

ジョージ・ルーカス氏の代表作『スターウォーズ』といえば誰もが知る20/21世紀が誇るCGファンタジー作品です。その土台は環境設定や、世界観など、CGの技術に限らず優れたものがあります。その魅力を当事者であるジョージ・ルーカス氏本人が立ち上げたルーカスフィルム・アニメーションによりアニメーション化されたものが今回紹介する作品です。

宇宙戦争モノの王道を行くストーリー

番外編のような扱いかと思いきやヨーダもスカイウォーカーもちゃんと登場します。今回の敵は独立派組織(スペースノイド至上派)となっており、主人公は共和国軍の戦士となっています。但し、ストーリーは中立惑星に独立派か、銀河共和国派かどちらかを選ぶように迫る展開になっており、決してフェアとは言い難い危険な状況にあります。

本作の主人公はアソーカ・タノといいます。アナキン・スカイウォーカーの弟子にあたります。独立星系連合側のドロイド(魂を持たないアンドロイド兵)や様々な敵と抗戦する中でそれぞれのキャラクターがどう成長していくのかが、克明に描かれています。

時系列は?

このテレビシリーズは、既に発表されている3DCGアニメ映画『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』の続編という形になっており、実写版でいうと『スター・ウォーズ エピソード2』と『スター・ウォーズ エピソード3』の間に起きた戦争を描いています。

日本の宇宙戦争ものとは全くの別物

日本で描かれる宇宙戦争を題材にした作品と比較すると設定にドラマ性が溢れてはいるが、日本アニメほど感傷的ではない、といった印象です。

実はこのアニメシリーズは完結しておらず、ファンの間で続編を心待ちにしている人がとても多いようです。

卓越したデザインセンス

世界観やモデルデザインは申し分無く、クローン・トルーパーによって構成される銀河共和国軍と、バトル・ドロイドなどのサブキャラクターは新鮮であり独自の道を開拓しています。

戦争を悲観しながら、でも戦わなければならない運命を描く作品に飽きたら、一度心をリセットする意味でも『スターウォーズ』の世界観に浸ってみるのも良いかもしれません。この作品の趣向はひたすらポジティブです。

今ではディズニーワールドの一員

ルーカスフィルムは2012年の10月にウォルト・ディズニー・カンパニーに買収されており、今では、東京ディズニーリゾートでも『スターウォーズ』のアトラクションを見ることができます。

アニメ版はディズニーの元で、2020年の2月よりシリーズ第7作という形で復活するようなので、スターウォーズファンの皆さん、期待して待ちましょう。それと共に2019年12月20日に実写版スターウォーズの最新作も公開されるようなので良ければ時代を象徴する作品を共有しましょう。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. 悩める超能力者『琴浦さん』のとりまきの諸事情が面白い
  2. 『呪術廻戦』第4話「呪胎戴天」【感想】
  3. 『スライム倒して300年』第10話「吟遊詩人が来た」【感想】
  4. 多華宮くんは危険が絶えない!『ウィッチクラフトワークス』
  5. 『ゴールデンカムイ』第六話「猟師の魂」【感想】
  6. 『鬼滅の刃』第二十一話「隊律違反」【感想】
  7. 武器以外の侵略必須アイテムとは?『戦闘員、派遣します!』
  8. 退かぬ!媚びぬ!本しか見ぬ!『本好きの下剋上~司書になるためには…

新着記事をチェック!

TVアニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』第5話を見た感想

出典:©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクトあらすじ一夜明け、ついにW…

犯罪貴族の饗宴『憂国のモリアーティ 第1クール』から推理できること

出典:©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会産業革命の大英帝国において、名も…

TVアニメ『異世界おじさん』第4話を見た感想

出典:©殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会あらすじたかふみに中…

新着アニメニュース

PAGE TOP