アニメアイズ

父子家庭のほのぼのとした日常を描く『赤ちゃんと僕』テレビアニメ化され話題に

第40回(平成6年度)小学館漫画賞受賞作品である原作は羅川真里茂氏の手によって描かれました。少女漫画ではありますが漫画好きであれば男の子でも知っていた人は多いでしょう。母親を交通事故で亡くした少年とお父さんの日々の葛藤を描いた感動作です。

『赤ちゃんと僕』あらすじ

父・榎木晴美にはまだ小学5年生の拓也と赤ちゃんの実(みのる)がいます。母親の由加子を交通事故で亡くしたばかりの3人はその事実を必死に胸に収めようとします。たまに感じる寂しさも、無邪気なみのるの姿を見れば吹っ飛んでしまいます。

じきに昼間にみのるの面倒を見続けてきた拓也は父性を覚えることになります。一方の晴美は、「こんな時…母親の存在の大きさを痛感するよ…。父親なんて…」と嘆きながらも常に優しく息子二人を気遣います。3人のほのぼのとしたやりとりが一つの物語としてゆっくりと心に染みわたる作品です。

『父親の愛情表現に注目!』

父親の偉大さと長男の思春期に生まれる父性がこの物語の世界観を大きく膨らましています。そして優しさに包まれる様に描かれています。画風こそ、一昔前の少女漫画らしい赤ちゃんの目がキラキラ光るインパクトのあるものですが、この作品の見どころは赤ちゃんならではの遊び心と父親のストレートな愛情にあると思います。

そして、赤ちゃんのみのるの拓也に対する愛情も半端ないです。父子家庭の物語ですがこの作品は女性作家だからこそ描けた作品ではないかと思います。ある日実は母親と同じ様に事故に巻き込まれて生死の境を体験することになります。

 

なぜこんなにも愛情に恵まれている家族に2度も不幸が訪れるのかとやるせない気持ちにもなりましたが、少女漫画にはよくあることで、失わなければわからない家族の大切さ、今まで見えていなかった支え、が見えてくるものでこういった展開から人生を学ぶこともあるのだなと思いました。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 第一期に再放送中『ノー・ガンズ・ライフ』リボルバー頭の英雄
  2. バベルの塔の下で『バビル2世』(1973)宇宙人バビル
  3. 『この素晴らしい世界に祝福を!』第1話 「この自称女神と異世界転…
  4. 魔法少女の契約以前のまどかを描く『魔法少女まどか☆マギカ 3話』…
  5. あなたにとっての設定に魅せられた作品は?『設定が絶妙なアニメ厳選…
  6. ガンダム史を語る上では欠かせないテレビアニメシリーズ『機動戦士ガ…
  7. 『週間サンデー』で当時絶大な支持を受けた青山剛昌氏原作のTVアニ…
  8. NHK教育テレビのロングラン・アニメーション作品『おじゃる丸』今…
  1. 時をかける少女

新着記事をチェック!

ゲーム世界の登場人物に転生するアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」

このアニメは2020年春からTV放映されています。原作は山口悟が著者である一迅社文庫のライト…

和風ファンタジーアニメ「このはな綺譚」

このアニメは2017年秋、全12話TV放映されました。アニメの原作は幻冬舎コミックで刊行され…

もう一つの「ダンまち」ストーリーアニメ「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝」

このアニメは2017年春(全12話)放映されました。原作はGA文庫のライトノベル「ダンジョン…

新着アニメニュース

PAGE TOP