アニメコラム

【ディズニーの人気作品】 長い髪がキュートな王女様『塔の上のラプンツェル』をご紹介

この作品のビジュアルイメージは18世紀フランスのバロックに続く芸術の流行『ロココ』を参考にしています。主にルイ15世の時代の宮廷で栄えた文化なので『ロココ』が『塔の上のラプンツェル』によりオマージュされていることを知っておくと成長しても楽しめる作品になるでしょう。

『塔の上のラプンツェル』あらすじ

舞台はとある王国の森の奥、高い塔が建って居ました。「王女ラプンツェル」は18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていました。不思議なことにラプンツェルの誕生日の日に限って、遠くの空に無数の灯がともされるのです。いよいよ18歳の誕生日の時に、ラプンツェルの塔には「フリン・ライダー」という大泥棒が侵入します。ラプンツェルは交渉します。

あの灯のところまで自分を連れて行って欲しいと。そしてその目的が達成すれば城にあったティアラを渡すと。

『紳士的にリードしてくれるフリン・ライダーに胸キュン』

『塔の上のラプンツェル』は『アナと雪の女王』のようなミュージカル作品になっています。如何にもディズニーらしいミュージックとコマドリアニメの融合の歴史を引き継いだCG(コンピューターグラフィックス)作品です。

劇中、特に素晴らしかったのは「私の人生はいつ始まるんだろう」と呟くラプンツェルの姿です。決して絶望はせずに未来に希望の光を見ているにも関わらず、感傷的に描かれています。

 

ラプンツェルが外の世界に出た時にフリン・ライダーに「夢が叶ってしまった、次は何をすればいい?」と問いかけるとフリン・ライダーはすかさず「まだ見ぬ次の夢をさがせばいいのさ」とラプンツェルを紳士的にリードしてくれます。また一つ新しい魔女の姿を発見したように思います。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. TVアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』が…
  2. 陰陽少女クオンが随所で物語をリードする『グランベルム4話』序盤は…
  3. 根強い人気『デビルマン』悪魔の正義(1972年)
  4. アニメで泣けたシーンTOP10
  5. 第一部は1868年のイギリス『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』ライ…
  6. 理想的な魔女の姿を描く『魔女の宅急便』
  7. 記念すべき劇場版10作目『ONE PIECE FILM STRO…
  8. 宮崎駿監督作品 腐敗した世界を正常な地に戻そうとする少女の姿を描…

新着記事をチェック!

TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』第1話【感想】

出典:©YORIMOI PARTNERS宇宙よりも遠い場所(第一話)について、書いていきます。…

敵の不正行為を暴け!賭け野球『ワンナウツ』

出典:©甲斐谷忍/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ30年間優勝…

こんな強い女性に憧れる!『攻殻機動隊、草薙素子』

出典:©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会サイボーグの体を…

新着アニメニュース

PAGE TOP