アニメアイズ

【ディズニーの人気作品】 長い髪がキュートな王女様『塔の上のラプンツェル』をご紹介

この作品のビジュアルイメージは18世紀フランスのバロックに続く芸術の流行『ロココ』を参考にしています。主にルイ15世の時代の宮廷で栄えた文化なので『ロココ』が『塔の上のラプンツェル』によりオマージュされていることを知っておくと成長しても楽しめる作品になるでしょう。

『塔の上のラプンツェル』あらすじ

舞台はとある王国の森の奥、高い塔が建って居ました。「王女ラプンツェル」は18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていました。不思議なことにラプンツェルの誕生日の日に限って、遠くの空に無数の灯がともされるのです。いよいよ18歳の誕生日の時に、ラプンツェルの塔には「フリン・ライダー」という大泥棒が侵入します。ラプンツェルは交渉します。

あの灯のところまで自分を連れて行って欲しいと。そしてその目的が達成すれば城にあったティアラを渡すと。

『紳士的にリードしてくれるフリン・ライダーに胸キュン』

『塔の上のラプンツェル』は『アナと雪の女王』のようなミュージカル作品になっています。如何にもディズニーらしいミュージックとコマドリアニメの融合の歴史を引き継いだCG(コンピューターグラフィックス)作品です。

劇中、特に素晴らしかったのは「私の人生はいつ始まるんだろう」と呟くラプンツェルの姿です。決して絶望はせずに未来に希望の光を見ているにも関わらず、感傷的に描かれています。

 

ラプンツェルが外の世界に出た時にフリン・ライダーに「夢が叶ってしまった、次は何をすればいい?」と問いかけるとフリン・ライダーはすかさず「まだ見ぬ次の夢をさがせばいいのさ」とラプンツェルを紳士的にリードしてくれます。また一つ新しい魔女の姿を発見したように思います。

 

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 『ご注文はうさぎですか?BLOOM』第10羽【感想】
  2. 人間を食らう巨人族の物語『進撃の巨人』逃げ惑う人間たちの運命や如…
  3. ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン 平成のファンタジーCGアニメーションの最高峰『FINAL FAN…
  4. 『鬼滅の刃』第十話「ずっと一緒にいる」【感想】
  5. 生態系の一部『ゾイド』数万年間の歴史
  6. 科学と忍者の融合!!『科学忍者隊ガッチャマン』アニメの歴史にその…
  7. ルパン三世史上稀に見る人気作『ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパ…
  8. 【アニメ】『レヱル・ロマネスク』ってなんだろう?

新着記事をチェック!

『賢者が仲間になった!』1巻【感想】

今回は2021年7月に発刊された『賢者が仲間になった!』1巻の感想を書いていきたいと思います。…

いざ、魔境へ -『お前はまだグンマを知らない』- グンマ住み経験のある筆者からも付け足し

出典:© 井田ヒロト・新潮社/お前はまだグンマを知らない製作委員会チバ県からグンマ県に引越しする…

一番めんどくさいやつがエースだぞ!『おおきく振りかぶって』

出典:©ひぐちアサ・講談社/おお振り製作委員会創部したばかりで全員1年生の西浦高校野球部。…

新着アニメニュース

PAGE TOP