アニメアイズ

一体化する=フュージョンする?『シャドーハウス 2nd Season』

出典:©ソウマトウ/集英社・シャドーハウス製作委員会

村を一望できる断崖にそびえ立つ洋館。

そこは黒きものが暗躍する屋敷・・・

いや、ゴキブリハウスという意味ではなく、ススの妖精シャドーに乗っ取られた領主家なのだ。

村から選ばれた人間の子供たちはそこで「生き人形」と呼ばれ、シャドーに仕えながら洗脳を受け、やがて「大人」となることを目指す。

「大人になる」とは、シャドーの入れ物になることを意味する。

シャドーに体を乗っ取られるのだ。

だが、シャドーと長く過ごすうちに心を通わせるようになり、それに抗おうとする反乱分子も現れる。

洗脳コーヒーを拒否!

「喜びの会」で振舞われる「コーヒー」なるもの。

それは「週に1度」「大人たちの棟から運ばれてくる」「ごく少量」「ひどく苦い」もの。

ちょ、待てよ!!

それは子供に飲ませていいのか?

大人の女性が飲むものじゃないのか?

ああ、飲めたら大人ってことか!

何言ってんだ俺!?

コーヒーを飲むと、グルグル目になって、言動がおかしくなる。

要するに自分の考え、主体性を保てなくなるのだ。

エミリコとショーンは飲んだ振りして、衣服にしみ込ませる。

こびりつきを操る

出典:©ソウマトウ/集英社・シャドーハウス製作委員会

シャドーの体内から出たススは放置しておくとやがて、小動物のような物体「こびりつき」になる。

こびりつきは顔を欲する習性があるため、生き人形を襲う。

そして体内へと侵入してゾンビ化させる。

だが、マリーローズのこびりつきを操る能力によって、合体して「亡霊」にもなるのだ。

だが、水をかければ簡単に倒されるのだ。

あと、掃除機にも弱いのだ。

上を目指す

出世してみんなを扇動する。

仲間を集めるのだ。

とりあえず、こどもたちの教育係「星付き」を目指す。

星付きになるには?

そこはやっぱり大人の裁量なのかもしれない。

いつか強制される、シャドーと生き人形の一体化。

ケイトとエミリコ、マリーローズとローズマリー、クリストファーとアンソニー。

みんな反乱分子として活動する者たち。

大人たちにとって、それはそれでいいのかもしれない。

反乱分子として連携することで、お互い深く通じるようになり、一体化した時に立派な「大人」になってくれさえすればいいのだ。

そう、一体化・・・フュージョンして、それぞれケミリコ、マリーマリー、くそニー、と呼べる日を楽しみにしているのかもしれない。

所詮こども・・・どうあがこうと、悪い「大人」にいろいろ弄ばれる運命なのかもしれない。

 

文章:ヒトツメロバ

関連記事

  1. 犯罪貴族の饗宴『憂国のモリアーティ 第1クール』から推理できるこ…
  2. 買い物しようとオースまで出掛けたが・・・『マルルクちゃんの日常』…
  3. 制作監督とは?『ぼくたちのリメイク』でクリエイターの失敗を学ぼう…
  4. 『グレイプニル』第4話「変身願望」【感想】
  5. 『スライム倒して300年』第1話「レベルMAXになっていた」【感…
  6. 舞台は全国へ「響け!ユーフォニアム2」
  7. ときどきテニスをするアニメ『てーきゅう』
  8. ジョージ・ルーカス監修『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 』…

新着記事をチェック!

はぴ☆スタ 第6話「3話ぶりの登場」

作:N556…

TVアニメ『カッコウの許嫁』第17話を見た感想

出典:©吉河美希・講談社/カッコウの許嫁製作委員会あらすじエリカの別荘で勉強合宿を行う事…

『アラジン/ジャファーの逆襲』をご紹介

出典:© 1994 Disney Corp.1994年製作、製作国 アメリカ、監督タッド・ストー…

新着アニメニュース

PAGE TOP