アニメコラム

『スーパーカブ』の小熊になりたい、やってみたい

出典:©Tone Koken,hiro/ベアモータース

父は事故死、母は蒸発。

極貧一人暮らし生活を余儀なくされている北杜市の高校2年生女子、小熊。

学校までの道のりの坂道が嫌になり、バイクショップへ向かった。

そこでゲットしたのは・・・、1万円のイワク付き中古スーパーカブだった。

スーパーカブに乗る楽しさを経て、それまで不遇だった小熊の生活が変わっていく。

小熊さんになりきってボケてみた。

収納ボックスをいただきに行った先で

カブの後部に取り付ける収納ボックスをいただきに、カブ仲間の礼子に連れられてとある事務所へ。

工具を借りてボックスの取り外しを終えた後、お菓子の入った紙袋をお礼として差し出しながら、「こんな便利な箱を・・・大切にします・・・

・・・その上、こんな立派な工具セットまでいただけるなんて・・・」と言ってみたい。

事務員に「いや、それは置いてけ・・・」とツッコまれたい。

オイル交換を頼みに行った先で

オイル交換を終えたバイクショップのシノ爺さんが、

「500円」

と手を出したところに、

「え、お金とるんですか?!」と、とぼけて言ってみたい。

泣きつく椎ちゃんに

出典:©Tone Koken,hiro/ベアモータース

真冬の夜に川に転落して、お気に入りの自転車がおしゃかになってしまった。

小熊さんに助けられたものの、「冬は嫌い、春にしてください」と泣きつく恵庭椎(えにわ しい)ちゃんに、

春は無理・・・、ナツは呼んだら来るかも」(椎ちゃんの中の人の『くまみこ』つながり)と言ってみたい。

ところで

真冬の夜に椎ちゃんは自転車ごと川に転落したわけですが、この時、携帯で助けを求めた相手は小熊さんでした。

小熊さんを呼んだのは失敗でしたね。

スーパーカブに乗り、颯爽と駆け付けたまではよかったのですが、レスキュー隊も警察も呼ばない上に、「大丈夫?生きてる?」から始まったぐだぐだ救助。

しまいには、寒さを訴える椎ちゃんに上着もヘルメットも貸すこともせず、ずぶ濡れのまま前カゴに乗せて真冬の夜を走り出す。

「椎ちゃん、凍死しちゃうよ」と思わずツッコミたくなりました。

これを見る限り、小熊さんになりきってボケるまでもなく、もとからポンコツでした。

 

文章:百百太郎

関連記事

  1. 宮崎駿が脚本を務めたスタジオジブリの力作『耳をすませば』をご紹介…
  2. 夢はプロボクサー『ろくでなしBLUES』喧嘩上等の世代に生きる男…
  3. とある執事のミステリー系アニメーション『黒執事』今回は第1作をご…
  4. TVアニメ『ゆるキャン△』第3話【感想】
  5. 「もう一度、この子を信じようと思ったんだ。だから、俺はその手を握…
  6. 1960年代のテレビアニメのパイオニア『おばけのQ太郎』藤子不二…
  7. ピアノと共に育まれるラブストーリー『のだめカンタービレ』奇跡の演…
  8. 京都アニメーションの代表作『聲の形』君に生きるのを手伝ってほしい…

新着記事をチェック!

TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。』第2話【感想】

出典:©山本アリフレッド・COMICメテオ/アニメ「リケ恋2」製作委員会第2話「理系が恋に落ちた…

TVアニメ『かぎなど』第11話 「学園祭本番など」を見た感想

出典:©VISUAL ARTS/Key/KAGINADO遂に始まった学園祭。何事もなく、…

TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』第9話【感想】

出典:©YORIMOI PARTNERS宇宙よりも遠い場所(9話)を書いていきます。突然の告…

新着アニメニュース

PAGE TOP