アニメアイズ

期待の深夜アニメとして放送された『デスノート』この恐怖は正義か悪か?(2006年)

大場つぐみ氏が原作の漫画を描いてその後実写化やアニメ化により広く知られることになった作品です。作品のテーマが「生と死」であり主人公が殺人を繰り返すことなどから地上波での成功が疑問視される事態にもなりましたが、結果的には大成功を収めています。

悪を裁くキラとそれを追う者

主人公の夜神月(後のキラ)[ヤガミ・ライト]が死神の落とした「デスノート」を拾うところからストーリーは始まります。ノートを拾った時にキラの元に死神が現れます。死神リュークは退屈で不毛な死神界に飽き、人間の住む街に現れたのです。死神のノートには名前を書いた人物が死ぬという特殊な能力が秘められていました。キラはそのノートで世界中の悪人を排除しようとしますが、天才分析官のL(エル)により徐々に正体がバレ、追い詰められていきます。既に死神の世界の能力に手を染めてしまったキラはこの状況をどう打破するのでしょうか。

今尚人気爆発中の『デスノート』

実写化されたものがテレビで何度も繰り返し放送されてすっかり一般層にもその人気が定着しました。

こんな現実が自分の身に起きたとしたら‥

度々話題になるのが「もし自分がデスノートを拾ったら使う?使わない?」という問題です。筆者は殺人は殺人と割り切るのが正しいと思うので、絶対に使いたくありません。

自分の歴史を意識する必要性

また、『デスノート』という作品そのものの構造が2019年でいうところの「デジタルタトゥー」のようなSNSに纏わる問題と密接に関係しているのです。死神リュークの言うところではデスノートを返却すれば記憶も失い普通の人間として暮らせるのだそうですが、再びデスノートに触れると記憶が戻ると言う仕掛けもあります。契約するのが死神なのでやはり、そこには恐怖心しかありません。皆さんはこの問題どう解きますか?

 

文章:Shinichiro.S

 

関連記事

  1. 『この素晴らしい世界に祝福を!』第2話 「この中二病に爆焔を!」…
  2. 「荒野のコトブキ飛行隊」第8話を見た感想
  3. アニメの歴史に残るティム・バートン監督の不屈の名作『ナイトメアー…
  4. ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 聖杯戦争に関係する重要な魔術師『ロード・エルメロイII世の事件簿…
  5. ガンダム版ロミオとジュリエット『機動戦士ガンダム 第08MS小隊…
  6. 大人への一歩『高校生に観てほしいアニメ10選』あるべき青春の姿と…
  7. 『指先から本気の熱情-幼なじみは消防士』ってどんなアニメなの?
  8. 繊細すぎる青春の息吹が心をさらう『荒ぶる季節の乙女どもよ。』女子…

新着記事をチェック!

【遊戯王】ラッシュデュエルで青眼の白龍の別バージョンが登場!

出典:©2021 Konami Digital Entertainment<青眼の白龍>の、ラッ…

『鬼滅の刃』第9話「手毬鬼と矢印鬼」【感想】

出典:©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable新たな支え鬼でありながら、人…

会社設立のきっかけの作品『赤い光弾ジリオン』

出典:© TATSUNOKO PRODUCTION『赤い光弾ジリオン』とは1980年代当時、サバ…

新着アニメニュース

PAGE TOP