アニメアイズ

さやかとまどかの転機『魔法少女まどか☆マギカ 4話』マミの死を乗り越えられるか!?(2019年)

共有著名Magica Quartetが原作を担当している今作は、魔法の世界のデザインが話題を呼び、2019年にあらためて深夜アニメとして放送された作品です。筆者の個人的感想としては、わざわざ深夜アニメで放送しなくても18時帯では放送できないのか?と疑問に思う部分もあります。

マミるマミさん!

キュウべえという魔法界の使者により魔法少女となる契約を結んで欲しいと迫られている「さやか」と「まどか」ですが、契約の際に叶えてくれる「願い」が決まらずに、契約が先延ばしになっていました。第3話のラストで学校の先輩で魔法少女のマミが魔獣に食べられて死亡するというショッキングな展開がありました。その為二人は魔法少女になることをキュウべえに断りました。しかし、事態は急変します。魔獣に襲われたまどかを助けたのは、魔法少女のさやかだったのです。さやかは、この危機的な状況から目を反らせないと、キュウべえに願いを伝え魔法少女の契約を結んだのです。

咄嗟にさやかが願ったことは「病床にいるボーイフレンドの上條くんを完治させること」でした。展開としては観ているファンの期待を裏切らない想像通りの展開でした。

マミの後を継ぐさやかの覚悟

注目すべきはマミの死であり、学校の同じクラスに「ほむら」という、魔法少女としての先輩にあたる心強い存在がいるのですが、それを差し引いても初心者のさやかにマミの残した縄張りを守れるのか、という懸念が生まれます。

物語中盤に現れる新たな展開

杏子やマミという新しい魔法少女のキャラクターも出てきて、感想としてはまどかもその素質を評価されているのだから、早く契約したほうがいいと強く思いました。犠牲者が出てからでは遅いことは仲間たちみんなが学んだことだし、だからこそさやかは魔法少女になったのですから。物語はまだ中盤です。これからの展開も目が離せません。

 

文章:Shinichiro.S

関連記事

  1. 京都アニメーションが誇る人気作『けいおん!』(2009年)
  2. 赤髪の戦士ここに現る!?『スラムダンク』爽快なスポーツ・アニメー…
  3. 実写版のスピンオフ作品『ピンクパンサー』今尚新鮮と思えるキャラク…
  4. トム・ハンクスとティム・アレンが声優を務めた不思議な物語『トイ・…
  5. 絆を信じて強くなる『ドラゴンドライブ』の魅力を皆さんに伝えたい!…
  6. ピアノと共に育まれるラブストーリー『のだめカンタービレ』奇跡の演…
  7. 「荒野のコトブキ飛行隊」第12話で外された(外れた)予想
  8. 「もう一度、この子を信じようと思ったんだ。だから、俺はその手を握…
  1. パーマン

新着記事をチェック!

超能力と青春時代『きまぐれオレンジ☆ロード』1980年代の恋愛模様を感じ取れる伝説的な作品(1987年)

原作者は漫画家のまつもと泉氏です。週刊少年ジャンプに掲載されていた作品であり、家族全員超能力者という…

映画第2作『怪盗グルーのミニオン危機一発』ドラクエのスライム並みに謎の生物ミニオンズの大騒動(2013年)

ミニオンズはイルミネーションフィルムをリードする代表作です。3Dコンピュータアニメーション・コメディ…

京都アニメーションが誇る人気作『けいおん!』(2009年)

2011年年末に映画化されるなどアニメファンに幅広く愛されているこの作品は2007年のかきふらい氏が…

新着アニメニュース

PAGE TOP